FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 10 2018

21
Category: ボルネオ   Tags: Flycatcher  

ボルネオの野鳥たち ㊴ (完)~ アイイロヒタキ

ボルネオ・シリーズの39回目。昨日の予告通り、ネタも尽きましたし、語呂の良い回数なので、今回を以ってボルネオ・シリーズを完結することにします。長らくお付き合い頂いた方々、ありがとうございました。39(Thank You)です。
この後は暫く休演となりそうです。冬鳥たちの到来を心待ちにしています。

本シリーズの大取り(大鳥?)は、
アイイロヒタキ、藍色鶲、英語名 Indigo Flycatcher、体長 14cm。雌雄同色。本当に綺麗な藍色です。最後なので少し枚数が多めです。





P9111695-1blog880.jpg




P9111924-1blog880.jpg




P9111902-1blog880.jpg




P9111849-1blog880.jpg




P9111872-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


スポンサーサイト



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


20
Category: ボルネオ   Tags: Flowerpecker  

ボルネオの野鳥たち ㊳ ~ ボルネオノドアカハナドリ

ボルネオシリーズもラス前、38回目です。
全部で140種類を見たらしいので、証拠写真はもっとあるのですが、人様にお見せするのは気が引けるので、そろそろ終わりにします。

今日はハナドリです。綺麗な花には止まってくれません。
ボルネオノドアカハナドリ、保留根尾喉赤花鳥、英語名 Black-sided Flowerpecker、体長 8cm。とても小さい鳥です。
名前は Black-sided より喉赤に軍配ですね!
先ずは♂から。
P9113510-2blog880.jpg




♀はこんな感じです。
P9113780-2blog880.jpg




再び♂です。ちょっと背景に彩りを添えて。
P9114063f32blog880.jpg




P9114121f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ボルネオ   Tags: Laughingthrush  

ボルネオの野鳥たち ㊲ ~ チャガシラガビチョウ

ボルネオ・シリーズの37回目。今日は大サービス、4種類目。尤も、みんな残念賞ばかりですが・・・。

チャガシラガビチョウ、茶頭画眉鳥、英語名 Chestnut-hooded Laughingthrush、体長 22-24cm、雌雄同色。
この子は近すぎてフレームアウト寸前。テレコン外す余裕なし。
P9112003-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ボルネオ   Tags: Shrike-babbler  

ボルネオの野鳥たち ㊱ ~ アカバネモズチメドリ

ボルネオ・シリーズの36回目。今日の3種類目。
アカバネモズチメドリ、赤羽百舌知目鳥、White-browed Shrike-babbler、体長 14-15cm、♂。
見れなかった♀は定番通り地味目のようです。和名は苦労の賜物でしょうか?そう言えば、英語名も二つの合成ですね。
赤羽? 図鑑によると、背中に赤い部分があるようです。名前を付けるのも大変な作業なんですね。
それにしても、遠くて動きが速かった!
P9112915-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ボルネオ   Tags: Whistler  

ボルネオの野鳥たち ㉟ ~ ボルネオモズヒタキ

ボルネオ・シリーズの35回目。
ボルネオモズヒタキ、保留根尾百舌鶲、英語名 Bornean Whistler、体長 16cm。雌雄同色。
ボルネオの漢字表記はこれ以外にも、婆羅、波羅、帆留根表とかがあった様ですが、外国の地名の漢字表記を覚えるのは大変だったでしょうね。
P9112082-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


19
Category: ボルネオ   Tags: White-eye  

ボルネオの野鳥たち ㉞ ~ ズグロメジロ

ボルネオ・シリーズの34回目。
ズグロメジロ、頭黒目白、英語名 Black-capped White-eye、体長 9.5-11cm。
メジロにそっくりですが、前頭から目元が黒いです。

OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: ボルネオ   Tags: Flycatcher  

ボルネオの野鳥たち ㉝ ~ サメ&マレーヒメアオ ヒタキ

ボルネオ・シリーズの33回目。
タビン野生動物保護区での出会いで未投稿のがありました。ヒタキ類を二種。

サメビタキ、鮫鶲、英語名 Dark-sided Flycatcher、体長 13-14cm。雌雄同色。日本でも見れる鳥ですが、エゾビタキやコサメビタキほどチャンスは多くありませんね。
P9081613-2blog880.jpg




こちらは、マレーヒメアオヒタキ、馬来姫青鶲、英語名 Malaysian Blue Flycatcher、体長 13-14cm。囀っていましたし、外観特徴からも喉までブルーなので♂です。
P9100768-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: ボルネオ   Tags: Fantail  

ボルネオの野鳥たち ㉜ ~ ノドジロオオギビタキ

ボルネオ・シリーズの32回目。今日もキナバル公園での出逢いから。

ノドジロオオギビタキ、喉白扇鶲、英語名 White-throated Fntail、体長 17.5-20.5cm。雌雄同色。





P9111808-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


15
Category: ボルネオ   Tags: Drongo  

ボルネオの野鳥たち ㉛ ~ ヒメオウチュウ





ボルネオ・シリーズの31回目。
ヒメオウチュウ、姫烏秋、英語名 Bronzed Drongo、体長 20-23cm。雌雄同色。


P9112595-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


15
Category: タンチョウ   Tags: Minivet  

ボルネオの野鳥たち ㉚ ~ ヒイロサンショウクイ

ボルネオ・シリーズの30回目。
キナバル公園での出逢いから。

ヒイロサンショウクイ、緋色山椒喰、英語名 Scarlet Minivet、体長 17-19cm。日本で見れるサンショウクイは灰色/白の地味な色合いですが、東南アジアのサンショウクイは鮮やか色です。因みに山椒喰と言っても、山椒を食べる訳ではありません。鳴き声が「ヒリリー」と聞こえ、小粒でピリリと辛い山椒を食べたように連想されて名付けられたんですね。

オレンジ色が♂。





黄色が♀。
P9112880-1blog880.jpg




どうしてもオレンジ色と黒のコントラストが鮮やかな♂ばかりを撮ってしまいます。
P9112832-1blog880.jpg




P9112817-1blog880.jpg




P9112781f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


13
Category: ボルネオ   Tags: Warbler  

ボルネオの野鳥たち ㉙ ~ ミナミムシクイ

ボルネオ・シリーズの29回目。キナバル公園での出逢いから。

ミナミムシクイ、南虫喰、英語名 Mountain Leaf Warbler、体長 10-11cm、雌雄同色。センダイムシクイの様にはっきりと頭央線があります。





P9111548f32blog880.jpg




P9111553f32blog880.jpg
OMD E=M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


13
Category: ボルネオ   Tags: Sunbird  

ボルネオの野鳥たち ㉘ ~ ベニタイヨウチョウ

ボルネオ・シリーズの28回目。残り少なくなってきました。
探鳥場所をタビン野生動物保護区からキナバル自然公園に移します。
マレーシア最高峰のキナバル山(標高4,095m)の中腹(標高約1,500m)に位置する自然公園で世界自然遺産に登録されています。
それにしても、ここにいた二日半はきまって午前は晴れ、午後は止むことのない雨でした。そんな午前2回の探鳥からどんな鳥たちに会えたでしょうか。

キナバル公園でのトップバッターは、
ベニタイヨウチョウ、紅太陽鳥、英語名 Temminck's Sunbird、体長 11cm。
Temminck は人の名前だろうと調べてみたら、オランダの貴族で動物学者と判明。彼の名前が付いていると言うことは、彼が発見したのか収集したのかでしょうね。
赤いのが♂。





P9111777-2blog880.jpg




♀も一枚。地味です。
P9113844-2blog880.jpg




再び♂。
P9111964-2blog880.jpg




P9111946-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


10
Category: ボルネオ   Tags: Bee-eater  

ボルネオの野鳥たち ㉗ ~ ルリノド&ムネアカ ハチクイ

ボルネオ・シリーズも回を重ねて27回目。今日はハチクイの仲間を二種類。
タビン野生動物保護区での出会いは、今回で最後にしましょう。タビンではもっと違う種類の鳥たちも見ましたし、ナイト・ツアーもやりましたが、どうもお見せ出来そうなものがありません。

ルリノドハチクイ、瑠璃喉蜂喰、英語名 Blue-throated Bee-eater、体長 22cm。雌雄同色。成鳥は頭が茶色ですが、この子には茶色味が薄いので若鳥の様です。





ムネアカハチクイ、胸赤蜂喰、英語名 Red-bearded Bee-eater、体長 27-31cm。喉の赤が前頭部まで繋がっているので♀の様です。図鑑を見ると、♂は喉だけ赤く、前頭から頭頂部はピンク一色です。
P9081426-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


09
Category: ボルネオ   Tags: Sunbird  

ボルネオの野鳥たち ㉖ ~ オリーブ、キゴシ&ホオアカコバシ タイヨウチョウ

ボルネオ・シリーズの26回目。今日はダブルヘッダー。
タビンで出逢ったタイヨウチョウを3種類まとめて!

先ずは、オリーブタイヨウチョウ、オリーブ太陽鳥、英語名 Plain Sunbird、体長 12.5cm。
分かり難いですが、前頭部(上嘴の付け根)がメタリックパープルなので♂の様です。♀にはそれがありません。
P9080016-1blog880.jpg




続いて、キゴシタイヨウチョウ、黄腰太陽鳥、英語名 Crimson Sunbird、体長 9-10cm。赤いので♂。
もう一つの赤いタイヨウチョウ(後日アップします)が先にベニタイヨウチョウと名付けられていたため黄腰になりました。
P9092186-1blog880.jpg




最後に、ホオアカコバシタイヨウチョウ、頬赤小嘴太陽鳥、英語名 Ruby-cheeked Sunbird、体長 11cm。
♂が頬赤、Ruby-cheeked なので、この子は♀です。♂もいたのかどうか?
P9100344-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


09
Category: ボルネオ   Tags: Forktail  

ボルネオの野鳥たち ㉕ ~ アカエリエンビシキチョウ

ボルネオ・シリーズの25回目。
タビンの川沿いにはこんな鳥もいました。

アカエリエンビシキチョウ、赤襟燕尾四季鳥、英語名 Chestnut-naped Forktail、体長 18cm。
尾羽を広げていますが、栗色が背中の下部まで繋がっているので♀の様です。

OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: ボルネオ   Tags: Pitta  

ボルネオの野鳥たち ㉔ ~ ズアオヤイロチョウ

このところよく三連休がありますね。前からこんなに多かったですかね。もう何年も続けて365連休なのでどうも麻痺しています。

さて、ボルネオ・シリーズの24回目。今日も熱帯雨林のタビンでの出逢いから。
今日は一番逢いたかった鳥、ヤイロチョウですよ! 
タビンには3種類のヤイロチョウが生息しているそうですが、クロアカヤイロチョウとアオオビヤイロチョウは声だけで姿は見えず。最後にトライしたのがこの子でした。遂に遂に逢えました。

ズアオヤイロチョウ、頭青八色鳥、英語名 Blue-headed Pitta、体長 16-17cm。
声がします。兎も角、暗くて、枝や葉っぱが込み入った場所、お仲間がくっ付いて横並びで身動き取れない状況です。テレコンを外して近くに来るのをじっと静かに待ちます。来ました来ました!
この美しい色合いを見た時には心臓がバクバク!何と言うカラー・コンビネーションでしょうか。
自分の場所からは葉っぱが被っていましたが、少ししゃがみ込むと何とかクリアーに捉えられました。ラッキー!あとは、どうかこちらを向いて頂戴!





嬉しき哉!こちらを向いて横顔を見せてくれました。
この美しい出で立ちは♂。因みに図鑑を見ると、♀は全体が茶系な地味な色合いです。
P9092861fnfs-1blog880.jpg




ちょっと場所を移動されると、やっとこさこんな隙間から捉えるのが精一杯です。この後、逃げ足速く(本当に想像を超えた速足です)立ち去りました。
P9092899-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


07
Category: ボルネオ   Tags: Broadbill  

ボルネオの野鳥たち ㉓ ~ クビワヒロハシ

ボルネオ・シリーズの23回目。ヒロハシをもう一種。
剽軽な姿や仕草でとても人気があります。自分も大好きです。当ブログの今月のヘッダーを担当してくれています。

クビワヒロハシ、首輪広嘴、英語名 Black-and-yellow Broadbill、体長 13-15cm。
首輪がぐるっと繋がっているのが♂、首輪が喉の下で切れているのが♀です。両方いますのでチェックしてみて下さい。
P9071385-1blog880.jpg









P9071334-2blog880.jpg




P9071312-2blog880.jpg




P9081312-2cblog880.jpg




P9081190-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: ボルネオ   Tags: Broadbill  

ボルネオの野鳥たち ㉒ ~ ガマ&アズキ ヒロハシ

ボルネオ・シリーズの22回目。今日は別のヒロハシをもう少々。
条件が悪くて、こんなのもいたよ!と言う記録程度に。いつか、もっと近くで撮りたい二種です。

ガマヒロハシ、蝦蟇広嘴、英語名 Dusky Broadbill、体長 24-28cm、雌雄同色。





2羽が離れていたので縦撮りで。
P9071910-1blog880.jpg




これは遥か遠くでした。アズキヒロハシ、小豆広嘴、英語名 Banded Broadbill、体長 21-23cm。
P9081734-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: ボルネオ   Tags: Broadbill  

ボルネオの野鳥たち ㉑ ~ クロアカヒロハシ

ボルネオ・シリーズの21回目。今日もタビンでの出逢いから。大好きなヒロハシです。

先ずは、アカクロヒロハシ、赤黒広嘴、英語名 Black-and-red Broadbill、体長 20-24cm、雌雄同色。番いでしょうか?





P9100235-2blog880.jpg




P9100239-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: ボルネオ   Tags: ---

ボルネオの野鳥たち ⑳ ~ アオヒゲショウビン

ボルネオ・シリーズの20回目。
今日のもう一種のカワセミは、
アオヒゲショウビン、青髭翡翠、英語名 Rufous-collared Kingfisher、体長 23-24cm。
よくありますが、和名と英語名の着眼点の違いが面白き哉!青髭 VS 赤茶襟!
上面(背中)が緑がかって小さなスポットがあるので♀です。♂も近くにいましたが、姿は見れず仕舞い。図鑑を見ると♂は過眼線、髭、背中が綺麗な青色です。
P9081331-2blog880.jpg




肉眼では見えないくらい、凄く暗く枝が込み入ったところにいました。SSが上がらないので、尾羽を振られるとブレブレです。
P9081338-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: ボルネオ   Tags: Kingfisher  

ボルネオの野鳥たち ⑲ ~ カザリショウビン

ボルネオ・シリーズの19回目。今日はカワセミの仲間を二種。
先ずは、カザリショウビン、漢字では恐らく飾翡翠、英語名 Banded Kingfisher、体長 20cm、上面(背中)が青いので♂。♀のそれは茶色ですが、♀には逢えませんでした。
兎も角、高い所ばかりで首が痛くなりながらの撮影です。でも徐々に近付いてきてはくれました。





P9080728-1blog880.jpg




P9080888-2blog880.jpg




P9080989-2blog880.jpg




P9081060-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


04
Category: ボルネオ   Tags: Babbler  

ボルネオの野鳥たち ⑱ ~ アオメモリチメドリ





ボルネオ・シリーズの18回目。ちょっとスピードアップしないと中々終わりそうもありませんね。
タビンでの出逢いから、アオメモリチメドリ、青目森知目鳥、英語名 Chestnut-winged Babbler、体長 12.5-13.5cm。雌雄同色。
タビンは熱帯雨林のジャングルですから、殆どいつも結構暗い中で撮っています。ISOを抑えるとSSが上がらないのでしんどいです。


P9092695-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


04
Category: ボルネオ   Tags: Tailorbird  

ボルネオの野鳥たち ⑰ ~ アカガオサイホウチョウ

ボルネオ・シリーズの17回目。タビンでの出逢いからが続きます。

アカガオサイホウチョウ、赤顔裁縫鳥、英語名 Ashy Tailorbird、体長 11-12cm。
喉から胸が白っぽいので♀でしょうか。図鑑を見ると♂は喉から胸にかけて英語名の様に灰色です。
サイホウチョウ、Tailorbird と名付けられていますが、細い糸で裁縫をする様に器用に巣を作るそうです。





P9100454-2blog880.jpg




P9100483-2blog880.jpg




P9100533-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: ボルネオ   Tags: Eagle  

ボルネオの野鳥たち ⑯ ~ ミナミカンムリワシ


P9071864-1blog880.jpg


ボルネオ・シリーズの16回目。今日も猛禽を一種。
ミナミカンムリワシ、南冠鷲、英語名 Crested Serpent Eagle、体長 45-74cm。
Serpent は辞書を引くと蛇(Snakeより大きいもの)とあった。英語では蛇喰鷲の意味だろうか。
アフリカにいる和名ヘビクイワシは英語名がSecretary Birdだそうだ。


P9071872-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


02
Category: ボルネオ   Tags: Eagle  

ボルネオの野鳥たち ⑮ ~ ウォーレスクマタカ

ボルネオ・シリーズの15回目。猛禽を少々。

先ずはウォーレスクマタカです。
生物地理学で昆虫類、貝類、鳥類などの分布に関して境界線があることを提唱したのが、英国の生物学者 アルフレッド・ラッセル・ウォーレス。その境界線が知る人ぞ知るウォーレス線と呼ばれています。その境界線はボルネオ島とその東に位置するスラウェシュ島の間に位置し、西側を東洋区、東側をオーストラリア区と呼んでいます。そう、スラウェシュ島は最近大きな地震が発生し甚大な被害が出ているあの島です。このウォーレスクマタカは、オーストラリアの野鳥図鑑には載っていないので、きっと東洋区に分布する鳥だと思われます。

前置きが長くなりましたが、ウォーレスクマタカ、ウォーレス熊鷹、英語名 Wallace's Hawk Eagle、体長 43-58cm。和名はウォーレスになっていますが、英語の発音としてはワラスがきっと正しいんでしょうね。
P9092379-2blog880.jpg






P9072831-2blog880.jpg




P9072890-2blog880.jpg




P9072739-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: ボルネオ   Tags: Hornbill  

ボルネオの野鳥たち ⑭ ~ シロクロ&オナガ サイチョウ

9ヶ月が足早に過ぎ去り、もう10月になってしまった。今年も残り3ヶ月かぁ~、速いですね!
昨日終わった9月の締めに投稿するつもりでしたが、昨日は何回試みてもFC2の画像のアップロードができませんでした。台風の影響でもあったのでしょうか?

さて、一日ずれ込んだボルネオ・シリーズの14回目。サイチョウ類の最終回です。タビンでの出逢いから。
もっとじっくりとできれば近くで撮りたかった二種ですが、証拠程度にアップしておきます。

先ず、シロクロサイチョウ、白黒犀鳥、英語名 White-crested Hornbill、体長 75-80cm。♂♀の番いです。
P9073080-2blog880.jpg




右が頸からお腹まで白いので♂。左の飛んでいるのが、頸から下のボディーが黒いので♀。
P9073108-2blog880.jpg




なので、この子は♀。
P9072935-2blog880.jpg




最後の一種は遥か遠くの高い樹の上にいましたが、突然こちらに飛んできて、そのままあっという間に飛び去りました。
オナガサイチョウ、尾長犀鳥、英語名 Helmeted Hornbill、体長 110-120cm。喉が赤いので♂でしょうか。
P9081689-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


今月もボルネオ・シリーズが主になりそうなので、今月のブログヘッダーはタビンで出逢ったクビワヒロハシ君(♂)に担当してもらうことにしました。

そして、今月から「拍手」アイコンを取り除きました。以前から何か物欲しそうな感じが嫌で付けてしまったことを後悔してたのですが、漸く外し方が分かりましたので外しました。これで、すっきり! 尤も、拍手をして下さる方も僅かでしたので大勢に影響はありませんがね!


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



11
12
14
18
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom