FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 07 2017

30
Category: ツバメ   Tags: Swallow  

五つの子 ~ ツバメ(燕)

立ち寄った道の駅にツバメが営巣していました。ツバメは当ブログ初登場です。
営巣場所は人工的な場所ですし、飛んでる姿を撮る技量はないし、ツバメは対象にしていませんでした。
今回は人工的な場所ではありますが、比較的低い営巣場所だったので、近くで撮らせてもらいました。後で考えたら、車に折り畳み台を積んでいたので、それを使ってもっと上から撮れば良かったですね。
ツバメ、燕、英語名 House (Barn) Swallow、体長 17 cm。





雛は5羽いました。
P7241784-1blog880.jpg




最近は街中では本当に見られなくなりましたね。
P7241941-1blog880.jpg




この餌は蜂でしょうか? 全体的にはトンボが多かったですね。
P7242145-1blog880.jpg




安定を保つために尾羽を上手に使っています。
P7242226-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD40-150mm/f2.8 PRO


スポンサーサイト



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


29
Category: モズ   Tags: Shrike  

君は誰の子? ~ モズ(百舌)

車が通る脇でピョンピョン跳ねるものを発見! 鳥の雛です。巣から落ちちゃったんでしょうか? まだ飛べない様です。
先ずは遠くから一枚。





徐々に近付いて。
P7240137f32blog880.jpg




もっと近付いて。
P7240149f32blog880.jpg




じっとしているのが身を守る術と知っているようです。この後、ピョンピョン跳ねて奥の藪の中に消えて行きました。無事に元気に育っておくれ!
P7240169f32blog880.jpg




さて、一体誰の子でしょうか? 近くで両親らしき2羽がいました。
モズでした。冬に下界で見るモズと随分色が違うんですね。別種のモズかと期待したんですが、ただモズの様です。
モズ、百舌、英語名 Bull-headed Shrike、体長 20 cm。
パパかな?
P7240105-1blog880.jpg




ママ?もいました。
P7240050f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


28
Category: キジ   Tags: Pheasant  ;  Japanese  

♀を中心に ~ キジ(雉)

今日もキジの続きです。♀と♂を個別に。
キジ、雉、英語名 Japanese (Green) Pheasant、体長 ♀ 58 cm、♂ 81 cm。
先ずは当ブログ初登場の♀から。昨日のツーショットは♂にピントを合わせていましたので・・・。
分かり難いでしょうが、♀の目の後ろにほんのりとピンク色斑があるんですね。





P7251342-2blog880.jpg




P7251306-1blog880.jpg




P7251389-2blog880.jpg




♂も少々。まだ尾羽が短く細いので、若い♂でしょうか?
P7250710-2blog880.jpg




P7251572-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


27
Category: キジ   Tags: Pheasant  ;  Japanese  

カップル発見 ~ キジ(雉)

二種類を目的に信州へプチ遠征してきましたが、一つは巣立った後で遠くに姿を見れただけでおまけに霧深し、もう一つは曇りで涼しかったせいで水浴び・水飲みにやって来ずでした。残念ですが、よくあること。避暑に行って良い空気を吸ってきたことで納得です。

本命の鳥たちには満足に会えませんでしたが、それでもまずまずの出会いはあるものですね。釣りで言うところの外道でしょうか。でも、こんな時は外道も嬉しいものです。
さて、外道第一弾。遠くにキジを発見。番いで採餌していました。こちらは丸見え、隠れる所も、隠れるものもありません。下を向いている間に「だるまさんがころんだ」で少しづつ近付いて撮影です。お腹一杯になって去って行くまで見つかりませんでした。
番いを撮るのは意外と難しいんですよ!
キジ、雉、英語名 Japanese (Green) Pheasant、体長 ♂ 81 cm、♀ 58 cm。





P7250436-2blog880.jpg




P7250543-1blog880.jpg




P7251016-1blog880.jpg




P7251430f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


18
Category: サンコウチョウ   Tags: Paradise-Flycatcher  

巣立ち間近 ~ サンコウチョウ(三光鳥)

先日のサンコウチョウから。
もう少し近付いてみましょう。余り好きではありませんが、少し大き目にトリミングです。

サンコウチョウ、三光鳥、Black Paradise-Flycatcher、♂、体長 45 cm。
雛は巣立ち間近、お腹が空いてます。





ママ(♀)ほど頻繁ではありませんでしたが、パパ(♂)も餌運びを結構頑張ってましたよ。
P7020580_01-4blog880.jpg




P7020733_01-3blog880.jpg




P7020756_01-4blog880.jpg




P7020406_01-3blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + ZD300mm/f2.8


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


17
Category: セイタカシギ   Tags: Stilt  

お熱いカップル TAKE 3 ~ セイタカシギ(背高鷸)

先日の、とは言っても5月のことでしたが、お熱いカップルのTAKE3が未掲載でした。
何をしても水辺の貴婦人たちは画になりますね。繁殖期には長い肢の赤がとても鮮やかになります。
セイタカシギ、背高鷸(丈高鷸)、Black-winged Stilt、体長 37 cm、♂+♀。





P5142152_01-1blog880.jpg




P5142160_01-1blog880.jpg




P5142162_01-1blog880.jpg




P5142173_01-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: サンコウチョウ   Tags: Paradise-Flycatcher  

ママは子育て奮闘中 ~ サンコウチョウ(三光鳥)

暑すぎて余程の被写体でなければ外出する気になれませんね。そんな訳で、暫くは在庫からですね。

先日のサンコウチョウから、ママの子育て篇です。このママは嘴の根元からおでこの辺りがえぐれていました。羽が抜けただけではなさそうで、嘴の上部にも疵があるようです。でも一所懸命餌やリに大忙しでした。その疵が目立たないものを選んでみました。

サンコウチョウ、三光鳥、Black Paradise-Flycatcher、♀、体長 18 cm。





P7020066_01-2blog880.jpg




P7020895_01-1blog880.jpg




もう今にも飛び出しそうですね。
P7020929_01-2blog880.jpg




翌日、飛び出し、巣立ったそうです。
P7021074_01-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + ZD300mm/f2.8


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


15
Category: カワセミ   Tags: Kingfisher  

再び蓮池にて ~ カワセミ(翡翠)

この日の天気予報は一日中曇り。良い光でハスカワが撮れるとの想いで、蓮池を再訪。いつもより早起きして、6時に現地着。でも、期待に反し、予報は大外れ、早朝からピーカンの好天気。
重たい方の明るいレンズを持ちこむも、設定を変える間もなく、6時20分頃にカワセミくんが現れました。またもや陰影の強い画になってしまいましたが、蓮に止まってくれたことに感謝しなくてはいけませんね。チャンスはまたこの一回だけ。この後4時間粘りましたが、再び止まることはありませんでした。

カワセミ、翡翠、Common Kingfisher、体長 17 cm、幼鳥。
先ずは遠くの蓮の蕾にやって来て、





少し近くの蓮の蕾に移り、
P7120094-1blog880.jpg




ちょっと開いた蕾で一休み。光が強すぎるなぁ~!
P7120123-1blog880.jpg




時々太陽が雲に隠れると、蓮はこんな風にしっとりと写ります。
P7120150f32blog880.jpg




こんな光で撮りたかったですね。今年はもう諦めて、来年またチャレンジしましょう。
P7120130f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


13
Category: ツミ   Tags: Sparrowhawk  ;  Japanese  

ママはまったりと ~ ツミ(雀鷹)

先日のツミから、子育て中のママを。
子育て中の役割は、パパが獲物の狩り、ママはパパから獲物をもらい受け加工調理の担当です。加工調理とは獲物もらい受けた場所の近くの枝で、羽をむしり取り、巣に運んで食いちぎって雛たちに与えます。ママの役割が一段落すると、パパが獲物を運んでくるまで、お気に入りの枝でまったりと一休みです。でもきょりょきょろと警戒は怠っていない様です。

ツミ、雀鷹、英語名 Japanese Lesser Sparrowhawk、体長 ♀ 30 cm です。♀の虹彩は黄色です。因みに♂の虹彩は赤、幼鳥のそれは青灰色です。





P7052069f32blog880.jpg




P7051991f32blog880.jpg




P7051971f32blog880.jpg




P7051892f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


12
Category: ササゴイ   Tags: Heron  

ワン・チャンスのみ ~ ササゴイ(笹五位)

昨日アップしたハスカワの前に立ち寄ったササゴイのポイントは、今年は水量が多すぎて良いところでオイカワ漁をしてくれません。しかも、凄く暑く、日蔭もありません。何とかワンチャンスあったので、それで良しとして、そそくさと蓮池に移動しました。

ササゴイ、笹五位、英語名 Striated (Green) Heron、体長 52 cm。
こんな格好で獲物を狙います。





凄い早業! 嘴を銛にして大物を突き刺します。
P7100126-1blog880.jpg




お見事! 上嘴でオイカワ(追河)の頭の下、背骨の直ぐ脇を突き刺しています。
P7100148-1blog880.jpg




浅い方に移動します。オイカワの婚姻色がとても綺麗です。
P7100240-1log880.jpg




さあ、飲み込む準備です。
P7100379-1blog880.jpg




この後、哀れオイカワ君、飲み込まれてしまいました。
P7100396-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


11
Category: カワセミ   Tags: Kingfisher  

蓮池にて ~ カワセミ(翡翠)

神奈川県の蓮池は日蔭もないし、カワセミもここ何年か蓮の花に止まらないので、ハスカワを求めて初めて埼玉の蓮池まで来てみました。見事な蓮池です。現地でお会いした公園の管理担当の方によると、7年前に地元のどなたかが二輪ほどの蓮の苗を植えたそうだ。それが年々増殖し、現在は池の七割くらいまで拡大しているそうだ。あと数年で池が蓮で覆いつくされるだろうとのこと。市の予算がないので、間引きとかの手が全く付けられていないそうだ。
蓮池はこんな感じです。丁度見ごろでしょうか。




P7100651f32blog880.jpg




3時間で1回だけハスカワのチャンスがありました。でも、ちょっと日も高くなって、陰影が強くなってしまいました。曇りの日を狙ってもう一度チャレンジしようかな?
カワセミ、翡翠、Common Kingfisher、体長 17 cm。全体に黒味が残っているので幼鳥ですね。下嘴も黒いので♂でしょうね。
P7100698-1blog880.jpg




P7100736-1blog880.jpg




P7100746-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: ツミ   Tags: Sparrowhawk、Japanese  

雛といえども猛禽 ~ ツミ(雀鷹)

いつもの森では今年は営巣せず、一昨年に営巣した近くの公園でも見掛けず、今年は諦めていました。が、何ともっと近くの公園で営巣していました。知ったのが遅かったのですが何とかギリギリ間に合いました。
ツミ、雀鷹、英語名 Japanese Lesser Sparrowhawk、体長 ♂ 27 cm、♀ 30 cm。この子もジャパニーズなんですね。
5羽の雛たちが元気に育っている様です。長子と末っ子では随分と大きさも色も差があります。

先ずは末っ子から。白い子が見られて良かったです。
P7030389-1blog880.jpg




第四子と末っ子でしょうか。
P7053087-1blog880.jpg




同じく四と五かな?
P7031219-1blog880.jpg




これは三、四、五かな?
P7052940-1blog880.jpg




ママと全員集合!
P7052741-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x




テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


07
Category: サンコウチョウ   Tags: Paradise-Flycatcher  

🌙☀★ホイホイホイ ~ サンコウチョウ(三光鳥)

今年はサンコウチョウとの嬉しい出会いがありました。
枝も葉っぱも被らない抜けたところに営巣していますた。重たいけれど明るいレンズを持っていって正解でした。昼間は明るくなるので、SS 1/50 でしたが ISO400 で撮れる僥倖に恵まれました。(藤井四段、この用法で良いですか?)
雛は2羽、ご覧の通り、もう巣立ちそうなくらい大きかったです。やっぱり、この翌日に巣立ったとのことです。

サンコウチョウ、三光鳥、英語名 Black Pardise-Flycatcher、♂。♂の体長は長い尾羽があるので 45 cm。
餌を催促する雛。





お腹がいっぱいになったのか、重なり合う雛。
P7020367_01-1blog880.jpg




見つめ合う父子。
P7020479_01-1blog880.jpg




パパは良く尾羽を広げてくれました。
P7020761_01-1blog880.jpg




楽しい半日になりました。ご一緒した皆さんありがとうございました。
P7020756_01-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + ED300mm/f2.8


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: コアジサシ   Tags: Tern  

リトルターン・プロジェクト ~ コアジサシ(小鯵刺)

先週リトルターン・プロジェクト主催のコアジサシ観察会に初めて出掛けて来ました。大田区の下水処理場の屋上が、プロジェクト関係者の皆さんの長年のご努力で、コアジサシの繁殖場所になっています。今年は成鳥約650羽、営巣数650巣、雛約650羽が確認されているとのこと。コアジサシは世界中に分布している鳥ですが、日本にはオーストラリアやニュージーランドから繁殖のため飛来することが確認されているそうです。
そんなコアジサシの大コロニーですが、営巣場所は人工物が多く、周りも人工的な建物だらけで、写真はなかなか画作りが難しいですね。この日は猛暑で少し距離があると陽炎で空気が揺らいでいました。何とか近くにいた・来た鳥たちを被写体に、お見せ出来そうなのを少々アップします。

コアジサシ、小鯵刺、英語名 Little Tern、体長 24 cm。
成鳥です。黒地に黒い目なので目が出ませんね。
P6240874-1blog880.jpg




こちらが雛。もう飛んでいましたよ。目がスッキリしないと思ったら、目の先に別の丸い黒斑がありました。この黒斑が月日と共に拡大していくんでしょうね。
P6240765-2blog880.jpg




別の雛。目の先の黒斑の形が違います。雛の時は個体差がありますね。それと雛は下嘴の方が随分長いですね。
P6240688-1blog880.jpg




成鳥の飛び出しを一枚。
P6240558-1blog880.jpg




こちらはもっと小さな雛。親はせっせと餌を運んでいました。
P6240516-2blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


今月の当ブログのヘッダーはブッポウソウ君に担当してもらいます。今年もそろそろ会いに行こうかな!


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



2
3
4
5
6
9
10
14
19
20
21
22
23
24
25
26
31

top bottom