FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 02 2017

16
Category: コミミズク   Tags: Owl  

風が強かったけれど ~ コミミズク(小耳木菟)

またコミミズクに会いたくて出掛けました。
この日は、コミミポイントに近いこともあり、今人気者のところに挨拶代わりに立ち寄ってみました。良いところに出てくれないし、カメラマンはもの凄く大勢で早々に退散しました。

さて、コミミポイントに到着すると、天気予報よりも風が強く唸り声を上げています。車もいつもよりも少ないし、飛ぶかどうか心配でしたが、待つしかありません。待てば海路の日和あり、少し風が弱くなった4時頃に飛んでくれました。確認できたのは3羽でした。
この日のテーマは「葦原をバックに飛翔姿」でしたが、なかなか思うようには撮れませんね。30分勝負はきついです!
コミミズク、Short-eared Owl、体長 38 cm。
う~ん、遠景から。





P2150246f32blog880.jpg




P2150247f32blog880.jpg




う~ん、中景です。思うようには撮れません。近景は全く駄目でした。
P2150636-1blog880.jpg




P2150637-1blog880.jpg




P2150638-1blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mXD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


スポンサーサイト



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


12
Category: ソウシチョウ   Tags: Leiothrix  

美貌と美声の持ち主だけれども ~ ソウシチョウ(相思鳥)

今日はソウシチョウです。
この美貌に加え、まだ聞いたことはないけれど美声の持ち主ゆえに、中国ではとても人気の籠の鳥だそうだ。日本にも持ち込まれ、挙句の果てにに篭脱けして、強い繁殖力で数を増やしているそうだ。ガビチョウほどではないけれど、あちこちの公園で見かけますね。♂と♀を離すと互いに鳴き交わしをすることから、相思鳥と名付けられたとのこと。その美貌、美声、美名にも拘わらず、哀れなる哉、この鳥は「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されてしまっている。

ソウシチョウ、英語名 Red-billed Leiothrix、中国名 紅嘴相思鳥、雌雄ほぼ同色、体長 14-15 cm。
P1240838-2blog880.jpg



こちの個体は黒味が強いですね。まだ若いのかな?
P1240932-2blog880.jpg



2羽並び。沢山の群れで来ていました。




x1.4のテレコンを付けて。
P1240232-1blog880.jpg



葉っぱの陰にもう一羽。
P1240450-1blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO (+ 1.4x)


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


11
Category: ルリビタキ   Tags: Bluetail  

クレソンの中で ~ ルリビタキ(瑠璃鶲)

先日の出会いから、ルリビタキ、英語名 Red-flanked Bluetail、体長 14 cm、♂です。
クレソンの茂る清流にて。





P1241182-1blog880.jpg




P1240759-1blog880.jpg




P1241132-1blog880.jpg




P1240045-1blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: イソヒヨドリ   Tags: Thrush  

磯ではお馴染み ~ イソヒヨドリ(磯鵯)

磯では必ず見かけるイソヒヨドリ。今回は♂ばかりで、♀には会えませんでした。
イソヒヨドリ、英語名 Blue Rock Thrush、体長 23 cm。





P1303011-1blog880.jpg




P1302919-1blog880.jpg




P1291866-1blog880.jpg




P1302010f32blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

岩陰から ~ シノリガモ(晨鴨)

今日もシノリガモの続きです。
岩礁に乗ったシノリガモを探していると、遠くにそれらしきものを発見。でも道路からは岩に隠れて殆ど見えません。潮が引いているので、下に下りてみます。岩を一つ上ると見えました見えました。気が付かれない様に低く屈んで、もう一つ岩を越えて、更に低く構えて岩の間から撮らせてもらいました。皆さん、危ないことは止めましょうね!

シノリガモ、英語名 Harlequin Duck、体長 43 cm。Harlequin とは道化師のことで、♂の羽模様に由来しているんですね。





P1300028-1blog880.jpg




P1300211-1blog880.jpg




P1300310-1blog880.jpg




P1300401-1blog880.jpg




P1300569-2blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

岩礁で一休み ~ シノリガモ(晨鴨)

今日もシノリガモの続きです。
シノリガモたちは腹一杯食べたのか、潮が引いてくると岩礁で一休みを始めました。波が穏やかなせいか、陸から遠い岩礁に、しかも海側に向いて休んでいるのでしょうか。陸側からはなかなか見つかりません。それでも、何組かこちらから見えるところにいました。遠いけれど、それまた良し!

シノリガモ、Harlequin Duck、43 cm。和名の「晨」は辞書を引いても「しのり」と言う読みは載っていません。どうして「しのり」と名付けたのか、どうして「晨」の字をあてたのか、いろんな説があるようですが、どれもピンと来ません。「晨」の意味は「夜明け」とあり、朝焼け色の美しい鴨と言うことだけは納得です。

カップルです。♀も右下に目立たずにいます。
P1302823-1blog880.jpg




♂が3羽。
P1302635-1blog880.jpg




この1羽が居残り。でも、この後海に入って追いかけて行きました。
P1302692-1blog880.jpg




こちらもカップル。♀は岩に保護色で埋もれています。
P1303393f32blog880.jpg




ほら、「セーフ」をしているのが♀ですよ。
P1303235f32ablog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


04
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

海上遠景 ~ シノリガモ(晨鴨)

今回のプチ遠征の最大の目的はこのシノリガモでした。シノリガモの♂はとても綺麗なのですが、「色が出ない、目が出ない」のでカメラマン泣かせの被写体です。この日は曇り空、それに意外にも風がなく、波も静かでした。それが良かったのか悪かったのか?

シノリガモ、英語名 Harlequin Duck、体長 43 cm。
沢山撮ったので2~3回に分けてアップします。先ずは海上での採餌風景を。曇り空だったので色が出るか心配でしたが、何とか色はそこそこに出ました。でも、随分遠かったですね。それに、海の色が・・・ですね。

♂が3羽。





左側の子の様に、海面に顔を付けて餌を探してから潜っていました。探し物は貝類?甲殻類?それとも海藻類でしょうか?何でも食べるみたいですよ。
P1302647f32blog880.jpg




こちらは先頭に♀が2羽います。
P1302456f32blog880.jpg




こちらも♀が先頭で引っ張ています。
P1302278f32blog880.jpg




全体数としては♂の方がかなり多かったですね。もう少し近くで撮りたかったですが、また次のチャンスがあるでしょう。
P1302273f32blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: カイツブリ   Tags: Grebe  

冠、耳、赤襟、羽白 ~ ○○○カイツブリ(○○○鳰)

今日はカイツブリの仲間を4種。今の時期は全て冬羽ですが、大きく変身した夏羽をいつか見て撮りたいものです。

カンムリカイツブリ、冠鳰、Great Crested Grebe、体長 56 cm。
P1291177-1blog880.jpg



P1291159-2blog880.jpg




ミミカイツブリ、耳鳰、Slavonian Grebe、体長 33 cm。ちょっと遠かったです。
P1300607-1blog880.jpg



P1300613-2blog880.jpg




アカエリカイツブリ、赤襟鳰、Red-necked Grebe、体長 45 cm。
P1291351-1blog880.jpg



P1290927-1blog880.jpg




最後にハジロカイツブリ、羽白鳰、Black-necked Grebe、体長 30 cm。
P1300679-1blog880.jpg



P1300673-2blog880.jpgOMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


02
Category: オオハム   Tags: Loon  

初めまして ~ オオハム(大波武)

漁港で鳥を探すと直ぐに会えたのがこの鳥です。大きな鳥で優しい眼差しをしています。初見、初撮りです。
オオハム、英語名は北米では Arctic Loon、英国では Black-throated Diver、体長 68cm と大きな鳥です。
和名のオオハムは、魚(ウオ)を食む(ハム)がオオハム=大波武となったそうですが、魚食む鳥は沢山いるので、どうもピンと来ませんね。





P1290838-1bblog880.jpg




P1290836-1blog880.jpg




P1291143f32blog880.jpg




P1290890-1blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: ミコアイサ   Tags: Smew  :  Wildfowl  

残念、一羽だけでした ~ ミコアイサ(神子秋沙)

今日から速いものでもう2月ですね。
あまり行かないのですが、気分を変えて海鳥たちを探しに茨城の漁港と海岸巡りをしてきました。
その前に、海への途中にあるミコアイサの有名ポイントに初めて立ち寄りましたが、残念ながら期待していたミコアイサの群れは見られず、♂が1羽で単独行動していました。これも暖冬の影響でしょうか?ここでもカメラマン皆無でした。
ミコアイサ、通称パンダ鴨、英語名 Smew、体長 42 cm。とても警戒心が強くて中々近くに来てくれません。太い桜の木の陰に隠れて待っていると、やっとこの程度までは近付いてくれました。でも、とても難しい被写体です。近づけない、その上黒斑の中の黒い目ですから・・・。





P1290390wb-2ablog880.jpg




P1290290wb-1blog880.jpg




P1290537wb-2blog880.jpg




P1290539wb-1blog880.jpg




帰る途中、離れた場所でこれも単独行動の♀を見付けましたので、一枚。
P1290636-2blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


今月のブログヘッダーは先日の出会いから、コミミズクくんに担当してもらいます。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



7
9
10
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

top bottom