FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 01 2016

31
Category: タイ   Tags: Thrush  

♂には会えず ~ カオグロイソヒヨドリ

もう今日で1月も終わりですか。速いですね。
さて、タイ北部シリーズの10回目。今日の主役はカオグロイソヒヨドリ(顔黒磯鵯)、英語名 Chestnut-bellied Rock Thrush の♀、体長 19 cm です。残念ながら青い♂には会えませんでした。





P1151897-1blog880.jpg




P1151854-1blog880.jpg




P1152227-1blog880.jpg




P1152046-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8


スポンサーサイト



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


30
Category: タイ   Tags: Openbill  ;  Stork  

噛み合わせが悪い ~ スキハシコウ

タイ北部シリーズの9回目。今日はスキハシコウ(隙嘴鸛)、英語名 Asian Openbill、体調 68-81 cm。コウノトリ、Stork の仲間です。隙嘴やOpenbillの名前の通り、嘴の上下に隙間があります。風通しが良いと言うか、噛み合わせが悪そうですね。





P1140719f32blog880.jpg




P1140250f32blog880.jpg




P1140349f32blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


29
Category: タイ   Tags: Swamphen  

オーストラリアより綺麗 ~ セイケイ

今日はタイ北部シリーズの8回目。
「釣り糸は魚の多いところに垂らせ。鳥も然り。」で、海外探鳥は鳥が数も種類も多い上に綺麗な鳥たちも多く、しかも人が少ないので、格別の楽しさがあります。唯一の欠点は日本での探鳥が少しばかり億劫になることでしょうか。特にこの冬は鳥が少ないので尚更です。今日明日の山の雪で沢山の冬鳥たちが下界に下りて来てくれると良いのですが・・・。

さて、山の小鳥が続いたので、今日は水辺の鳥です。セイケイ(青鶏)、英語名 Purple Swamphen、体長 28.5-42 cm。





飛び出しからの飛翔姿です。
P1191960-1blog880.jpg




P1191961-1blog880.jpg




P1191962-1blog880.jpg




セイケイはオーストラリアでも見ましたが、こちらのセイケイの方が色がずっと綺麗ですね。
P1191737-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


28
Category: タイ   Tags: Flycatcher  

何青鶲? ~ ・・・アオヒタキ?

タイ北部シリーズの7回目。英語名でFlycatcherと名前が付いている鳥の最後でしょうか?
タイには和名で何とかアオヒタキ、英語名で何とかBlue Flycatcherという鳥が複数いる様で、図鑑を見ても自信を持って判別できません。

これはミヤマヒメアオヒタキ(深山姫青鶲)、英語名 Hill Blue Flycatcher の♂でしょうか。





こちらはどうでしょうか?上と同じ様にも見えますが、別の日別の場所の別個体です。顔つき、身体つきが少し違いますよね。
P1161764-2blog880.jpg




こちらは、真ん中と同じ日の同じ場所なので、同じ個体だと思います。尾羽の脇に白斑が見えますが、Flycatcherでその特徴があるのは、セアオヒタキ(背青鶲)、Slaty-backed Flycatcher の♂しか見つかりませんでした。それにしても背中の色が図鑑の色と随分違うので全く自信がありません。君は誰なの???
P1161800f32blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 (+ 1.4x)


英語名でFlycatcherと付く鳥はここまでですが、和名でヒタキと付いている鳥たちはまだまだあります。それらは後日に回して、明日からは少し気分を変えてみましょう。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


27
Category: タイ   Tags: Flycatcher  

ウルトラマリン ~ マユヒタキ

タイ北部シリーズの6回目。英語名が Ultramarine Flycatcher とある様に当にウルトラマリン色の小鳥、マユヒタキの♂、体長 12 cm、です。マユヒタキのマユは「眉」でしょうか、それとも「繭」でしょうか?





これを見ると「繭」かな。そう思えば、繭の様な形をしてますね。
P1163467-1blog880.jpg




この時は光が厳しかったですね。好天も「過ぎたるは・・・」です。
P1163809-2blog880.jpg




ウルトラマリンと白のツートーンがシンプルで良いですね。
P1163212-1blog880.jpg




やっぱり「繭」だな!
P1163237-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


26
Category: タイ   Tags: Flycatcher  

何故この名前? ~ カオグロヒタキ

タイ北部シリーズの5回目。昨日の「喉黒」ヒタキの次は「顔黒」ヒタキで続けようと思ったものの、どうして実物と違う名前が付いたのでしょうね。英語名 Slaty-Blue Flycatcher、和名 カオグロヒタキ(顔黒鶲)、体長 12.5-13 cm。英語名の灰色がかったブルーが正解、和名の不可思議。
♂です。





♀はこんな風です。
P1160284-1blog880.jpg




再び♂を。
P1170667-1blog880.jpg




P1170678-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


25
Category: タイ   Tags: Flycatcher  

喉白と来れば次は ~ ノドグロヒタキ

タイ北部シリーズ4回目。喉白の次はやはり喉黒でしょう。ノドグロヒタキ(喉黒鶲)、英語名 Rufous-gorgeted Flycatcher、体長 13-14 cm、の♂です。





P1161701-1blog880.jpg




眉斑の白い一本線と喉のオレンジ色の一本線が面白いですね。英語名でRufous(赤褐色)とあるのは、このオレンジ色の線のことかな。
P1161447-1blog880.jpg




P1161453-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


24
Category: タイ   Tags: Flycatcher  

白喉くん ~ ノドジロヒタキ

タイ北部シリーズの3回目。しばらくヒタキ類を続けましょう。
今日は見ての通り ノドジロヒタキ(喉白鶲)、英語名 White-goregeted Flycatcher、体長 12-13 cm です。なんとなくとぼけた感じが良いですね。





P1161605-1blog880.jpg




P1161503-1blog880.jpg




P1161482f32blog880.jpg




P1161694f32blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


23
Category: タイ   Tags: Flycatcher  

デジャヴ ~ ハイガシラヒタキ

タイ北部シリーズの2回目。どこかで見たことがあるような、そんな既視感がある可愛い鳥です。
ハイガシラヒタキ、漢字はきっと灰頭鶲、英名 Grey-headed Canary Flycatcher、体長 12 cm。
そうそう、ケアンズで会ったキアシヒタキくんとクリクリ眼と言い、配色と言いそっくりです。





P1141188-1blog880.jpg




P1141256-1blog880.jpg




P1141166-1blog880.jpg




P1141328-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


22
Category: タイ   Tags: Parrotbill  

今年の初撮りはタイ ~ ミミグロダルマエナガ

今季の冬鳥の出が悪いので出掛けるのを渋っているとアッと言う間に申し込んでいたタイ・ツアーの出発となりました。従って今年の初撮りはタイとなりました。

タイは北部、ミャンマーとの国境近くの高地やミャンマー・ラオスと国境を接するゴールデントライアングルなどを回って来ました。期待していた鳥たちとも出会え、天候にも恵まれ、とても楽しい旅になりました。現地のバードガイド、添乗員、ツアー仲間の皆さんに感謝です。

先ずは出会いたかった鳥の一種、ミミグロダルマエナガ(漢字は多分 耳黒達磨柄長)、英語名 Spot-breasted Parrotbill、体長 18-22 cm。





飛び姿も。ピンは来ていませんが雰囲気だけでも・・・。
P1162152f32blog880.jpg




和名は達磨さんの様な姿・顔だちで、尾が長く、耳が黒いので付けられたんでしょうね。
P1162069f32blog880.jpg




英語名は Spot-breasted Parrotbill、胸に斑点、そしてオウムの様な嘴から名付けられています。
P1170017-1blog880.jpg




普段は余りやらないんですが、大きく拡大してみました。成る程、英語名の方が分かり易いですね。
P1161359-4blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 (+ 1.4x)


勝手ながらコメント欄を閉鎖させて頂いております。
当ブログは原則「一掲載一種」、「一掲載1~5枚」。タイ北部シリーズもそこそこ満足な画がありましたら逐次掲載していくつもりです。が、コスタリカ・シリーズの始末も付いていない有り様なのでどうなりますやら・・・。


ランキングは気にしておりませんが、もしお気に入りの画がありましたら、その時だけで結構ですので下の「拍手印」をクリックして頂けると嬉しいです。今後の励みにさせて頂きます。

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


07
Category: タシギ   Tags: Snipe  

「マ」が抜けました ~ タシギ(田鷸)

実はこの日の本命はタマシギ(玉鷸)だったのですが、残念ながら姿を現さず、代わりに沢山いたタシギたちを撮ってきました。体長 26 cm、雌雄同色、英語名 Common Snipe
タシギ君たちには申し訳ありませんが、マが抜けた名前なので、変なタイトルにしちゃいました。そして、これも余り気合が入ってませんね。尤も、これ以上近付く術もありませんでしたけど・・・。鳥が少ない時は余りジタバタしないことにしました。





PC301166f32blog880.jpg




PC301261f32blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: アカハラ   Tags: Thrush  

本命現れず ~ アカハラ(赤腹)

良くあることですが、この日も本命現れず、突然の人気者になったアカハラです。体長 24 cm、雌雄ほぼ同色、英語名 Red-belliied Thrush





アカハラ君には申し訳ありませんが、何か気合が入っていませんね。背景もうるさいし。
PC220120-1blog880.jpg




でも、図らずもこんなショットもありました。後ろで、タイワンリスが跳ねてます。
PC220027f32blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: トラツグミ   Tags: Thrush  

寅年じゃないのに ~ トラツグミ(虎鶫)

今月のブログヘッダーは申年に因んでオオマシコ(大猿子)に担当してもらっていますが、今年の実質的なスタートは昨年最後の探鳥で図らずも出会えたトラツグミで始めましょう。寅年はまだ大分先ですが・・・。体長 30 cm、雌雄同色、英語名 White's Thrush。そう言えば多摩川縁にやって来たトラフズク(虎斑木菟)にも年末に会えました。枝被りが激しくて写真は諦めましたが・・・。

さて、トラツグミくん、いつもは枯葉に敷き詰められた地面で採餌していることが多く、背景に同化しているんですが、この日は黄色の中にいました。
余り動かずに採餌しているんですが、時々こんな風に大股で移動します。





時々ストレッチ。一番伸びたところ。
PC301778f32blog880.jpg




こんなことも。所謂、小振りのエンジェルポーズ。
PC301850f32blog880.jpg




後ろ姿で見返りも。
PC301989-1blog880.jpg




随分と近くにもやって来てくれました。
PC302096f32blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


ミカン畑のトラツグミでした。それにしても、もったいないくらい甘そうなミカンなのに、どうしてでしょう?



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: Greetings   Tags: ---

謹賀新年





今年の賀状の主はコスタリカで出会ったズグロミツドリ(Green Honeycreeper)♂です。そう言えばこの子を含め、コスタリカの野鳥たちで未投稿のものがまだいくつか残っていました。その内にボチボチと。

今年もご訪問お待ちしております。

ところで、正月の当ブログヘッダーはオオマシコ♂君に担当してもらうことにしました。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



2
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21

top bottom