FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 10 2014

31
Category: ムギマキ   Tags: ---

毎年会いたや ~ ムギマキ(麦蒔)

バタバタしていて更新が滞ってしまいました。そうこうしている内に10月も今日で終わりですね。
1週間前にムギマキに会いに信州の高原に行って来ました。




どうも今日アップしたのは皆♀のようです。
PA242636-2blog880.jpg



上も下も大好物のツルマサキの赤橙色の実を咥えています。右上にメジロみたいのがもう一羽いますが、目だけに光が当たって目の周りだけが白くなっているムギマキです。
PA243017-2blog880.jpg



この日のこの場所は♀ばかりが目立ちました。
PA243034-2blog880.jpg



2羽並びも。ツルマサキは小枝がゴチャゴチャと多くて画作りは難しいですね。
PA243037-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


23
Category: コサギ   Tags: ---

今日も普通種 ~ コサギ(小鷺)


今日も在庫から、しかも普通種のコサギくんです。コサギの舞いは結構綺麗なんですけどね・・・。


E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


22
Category: メジロ   Tags: ---

水浴び直前 ~ メジロ(目白)



E-5 + ZD150mm/f2.0 + 1.4x


新しいものが何もないので、古い在庫から一枚。
数が多いだけで特に珍しくも何ともないですが・・・。そう言えばこの水場にも久しく行っていませんね。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: カワラヒワ   Tags: ---

コスモス畑で ~ カワラヒワ(河原鶸)





ツツドリがどこかで休息中の合間にコスモス畑でノビタキを探すのですが、今回は1羽が1度だけやって来ましたが、直ぐに畑の中に潜って見える所には現れませんでした。代わりにやって来て良い所に止まってくれたのは、カワラヒワでした。2羽でやって来たのですが、あっと言う間に行ってしまいました。今年はスズメすらいなかったですし、ヒバリの数もとても少なかったです。まぁー、コスモス畑の近くにツツドリが来てくれたので、これ以上は欲張りと言うものでしょうね。


ちょっと大きめにトリミング。
PA100006-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


15
Category: ツツドリ   Tags: ---

枯れ草の上にも ~ ツツドリ(筒鳥)

今日もツツドリの続きです。
ツツドリは繁殖期に♂が「ポポッ、ポポッ、ポポッ・・・」と空筒を打つような音で鳴くところから筒鳥と名付けられたそうです。今の時期は鳴きませんが、この子は♂♀どちらでしょうかね。
さて、このツツドリくん、もっと近くの枯れ草山にも来てくれました。やはり旅立ち間近かだったのでしょうね、沢山の毛虫を食べて栄養を付けていました。





PA100770-1blog880.jpg




PA100819-1blog880.jpg




PA100837-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


14
Category: ツツドリ   Tags: ---

旅の途中でお立ち寄り ~ ツツドリ(筒鳥)

旅の途中で河川敷に暫しお立ち寄り。ツツドリです。L 33cm。大変な人気者でした。
どうも今回の台風前に旅立ったようです。ギリギリ間に合いました。





PA100453-1blog880.jpg




PA100455-1blog880.jpg




PA100456-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


12
Category: カナダ   Tags: Puffin  

千秋楽はグループ篇 ~ Atlantic Puffin

ニューファンドランド・シリーズもとうとう千秋楽と相成りました。
最終回はやっぱりパフィンですね。最後に取っておいたグループ篇です。
ところでニューファンドランドで出会った日本人は一人、蟹の買い付けに来ておられた食品関係のご長老。そして長玉を持ったカメラマンは精々5人ほど。ほとんどがカメラマン我一人、野鳥数え知れずでした。帰国後昨日初めてフィールド出ましたが、一日で数十人のカメラマンにお会いしちゃいましたよ。海外が病みつきになりそうですが、先立つものが・・・、・・・。
本当に長らくお付き合い頂きありがとうございました。






P7230835-1blog880.jpg




P7230470-1blog880.jpg




P7230655-1blog880.jpg




P7230877-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


11
Category: カナダ   Tags: Puffin  

エボニー君も登場 ~ Atlantic Puffin

パフィンの画がもう少しありました。今しばらくのお付き合いをお願いします。

「顔黒」のエボニー君です。





エボニー君は一羽だけでした。
P7220848-1blog880.jpg




エボニー&アイボリーですね。
エボニー君はアイボリー君よりも嘴が少し小さいですね。どうも若鳥のようです。尤も、繁殖期を過ぎた冬には、成鳥も含めて全てのパフィンが「顔黒」のエボニー君の変身するそうです。それを見られるのは厳寒の冬の海だけのようです。
P7220816-1blog880.jpg
OMD M-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


10
Category: カナダ   Tags: 動物  

こんな森の住民も ~ 動物

今日は久し振りにフィールドに出掛けて来ました。その成果のほどは後日として、現シリーズを続けましょう。

さて、ニューファンドランド・シリーズも愈々終局間近かになってきました。鳥たちは全種アップしたので、今日は森の可愛い小動物たちです。
どこの森にもいた American Red Squirrel、和名アメリカアカリスです。体長 16-23cm、尾の長さ 9-16cm だそうです。





ピンクの花の中にも。
P8070054-1blog880.jpg




大きな声で活発に活動していました。全部違う場所で違う個体です。
P7241130-1blog880.jpg




もう一つおまけに Snowshoe Hare、和名カンジキウサギ、体長 36-52cm とありましたが、随分の大小の違いがあるんですね。草に隠れていますが、名前の通り、雪原でも沈まない様にとても大きい後ろ足を持っていて、そして冬は真っ白な冬毛に衣替えするそうです。
P8060132fblog880
OMD EM-1 + 50-200mm/f2.8-3.5 SWD + 1.4x 、 + 300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 動物の写真    ジャンル 写真


06
Category: カナダ   Tags: ---

空模様 ~ 風景

ニューファンドランドの空模様をいくつか。
ニューファンドランドは雨の日が多く、年間降雨(雪)日数がなんと207日とのこと。自分の滞在4週間の内、前半3週間は移動中に雨に降られたことはあったが、撮影に支障が出ることはなく好天に恵まれた。一方、最後の1週間は雨続きで何もできず、帰国後もその雨が長く続いたそうだ。まあ、天候にもとても恵まれた旅行だったんだなぁと納得せざるを得ないようです。

日の出。@Tilting, Fogo Island





日の入り。@St.Bride's
P7200664fblog880.jpg




夕焼け。@Tilting,Fogo Island。 Tiltingに着いたその夜に空が真っ赤に燃えた。
P7260320fblog880.jpg




同。Tiltingに滞在した夜は毎晩ここに来て夕焼けや日に入りを待ったが、こんな綺麗な空は二度と訪れなかった。見えている半島の先端はRound-Headと呼ばれる岬。
P7260326fblog880.jpg
OMD EM-5 + MZD14-40mm/f2.8 PRO


テーマ 風景写真    ジャンル 写真


05
Category: カナダ   Tags: Woodpecker  

啄木鳥をもう一種 ~ Hairy Woodpecker






啄木鳥をもう一種。Hairy Woodpecker、和名セジロアカゲラ(背白赤啄木鳥)、L 18-26 cm。
上は♂。 背白が見えていませんね。
下は♀。 成る程、背白が見えました。



P8051722fblog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


04
Category: カナダ   Tags: Woodpecker  

黄頭ではなくて背黒 ~ Black-backed Woodpecker

ニューファンドランド・シリーズも残り僅かになってきました。さあ、そろそろどこかに出掛けなくては。我家の近くにモズもやってきました。鳥たちも徐々に増えてくる季節になってきました。

さて、今日は啄木鳥です。Black-backed Woodpecker、和名セグロミユビゲラ(背黒三趾啄木鳥)、L 24cm。♂成鳥です。
黄色い頭の啄木鳥は日本にはいませんね。自分ならキガシラ(黄頭)なんとかゲラと名前を付けるんですが、英語名・和名共に背黒と言う名前が付いています。





二羽が直列に。今気が付いたのですが、上の写真の一番下にもう一羽の黄色い頭が覗いていますね。頭頂の黄色の面積の小さい上の方が♂成鳥、黄色の大きい方が若鳥です。若にはこめかみの白斑がまだはっきりとは出ていないですね。
P7241640-1blog880.jpg




並列も。彼らが突いた跡が沢山見えますね。食事に夢中なので、もう少し近付きたかったのですが、リス君に飛ばされました。
P7241787-2blog880.jpg
OMD EM-1 ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: カナダ   Tags: Finch  

遠かったけれど ~ American Goldfinch





ちょっと遠かったけれど American Goldfinch 、和名オウゴンヒワ(黄金鶸)♂、L 11-13 cm、にも会えました。


P8080324-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD50-200mm/f2.8-3.5 SWD + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


02
Category: カナダ   Tags: Waxwing  

夏でもレンジャク ~ Cedar Waxwing

ニューファンドランドでは夏でもレンジャクに会えるんですね。キレンジャクとか思いましたが、良く見るとちょっと違います。
Cedar Waxwing、和名ヒメレンジャク(姫連雀)、L 16-18 cm です。




風切羽に蝋状の赤斑がないので、若鳥のようです。キレンジャク(Bohemian Waxwing)との違いは、大きさが一回り小さいこと、額の黒と茶色の間が白いこと、風切羽に黄色斑がないことだそうだ。
P8070425-2blog880.jpg



ここは小川の上の込み入った茂みの中です。小川に架かった橋から奥の方を覘くと、この子が水浴びの後だったのでしょうか羽繕いしていました。枝被り葉被りで空いてるのはピンポイントでしたが、こちらから見えにくいのは、向こうからも気付かれにくい訳で、暫く遊んでもらいました。
P8070413-2blog880.jpg
OMD EM-1 ZD50-200mm/d2.8-3.5 SWD + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: カナダ   Tags: Warblers  

若鳥たち ~ ??? Warbler

P8040979fblog880.jpg


今日から10月とは・・・。風邪も大分良くなってきたし、そろそろフィールドに出ないと体が鈍るばかりです。
ムシクイの最終回、若鳥たちです。誰の子なんでしょうか? 皆目見当が付きません。
日本同様、若鳥たちは比較的近くに来てくれました。


P8051867fblog880.jpg

OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



7
8
9
13
17
18
19
20
21
24
25
26
27
28
29
30

top bottom