FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 11 2013

30
Category: ヘラサギ   Tags: ---

寝る子は育つ? ~ 箆鷺

大分前から情報入手していたのですが、鳥友からの連絡に背中を押され、また彼の見事なブログ写真に刺激を受けて、例の沼に行って来ました。

この子は長いヘラを隠して99%は寝ています。たまに突然起きて羽繕い。これは大あくびでしょうか?




真横からだと肝心の「ヘラ」と言うか「しゃもじ」が見えないですね。後姿ですが、これでどうでしょうか。英名は spoonbill と言うんですね。嘴が黒くなくて肉色が見られること、風切の羽先が黒いので幼鳥とのことです。黒い子はカワウくんです。
PB290119-2blog880.jpg



一緒いたダイサギが飛びました。面白い画になりました。
この沼には1時間半ほどいましたが、寝てばかりで餌も採らないし飛ぶ気配もないので早期撤収し、次のポイントへ移動しました。しばらくいてくれると良いのですが・・・。今度は夕方に行ってみようかな。
PB290030-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


スポンサーサイト




28
Category: オシドリ   Tags: ---

湖面も秋色 ~ 鴛鴦



OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


上:先日行った林道から湖面を見ると遠くにオシドリ♂一羽。飛び立ちました。湖面の秋色がメイン、オシドリ君はおまけです。
下:去年の今ごろ撮った♂。水面が不思議な色になりました。今年もそろそろ行ってみようかな。


PB279014-1ctblog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



25
Category: カワセミ   Tags: ---

秋色とりどり ~ 翡翠

いつもこの時期には行く近くの公園に、秋色の中のカワセミを撮りに今年も行ってきました。
昨年まではこの縄張りの主は♀だったのですが、今年は♂に代わっていました。あの姉御はどうなったのでしょうか。(♀は下嘴が赤、♂は黒)
この子は頻繁にやって来るのですが、朝の優しい光の中では、良い所には止まってくれませんでした。陽が高くなってから漸くサービスしてくれました。ちょっとコントラストが強すぎる感じですが、撮れただけで良しとしましょう。




更に約1時間後に再登場。光の具合で随分違いますね。良く見ると、同じ所に止まっています。
PB240420fblog880.jpg



また、高曇りの日に行ってみよう。
PB240522f-3blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8



23
Category: タシギ   Tags: ---

いつも見つけるのが大変 ~ 田鷸






このところ本命にはなかなか会えません。冬鳥たちの本格的な到来が遅いように感じます。その上、最近は鳥運にも見放されているみたいです。その内、運も向いて来るでしょうし、冬鳥たちももっと沢山やって来るでしょう。楽しみにしておきましょう。

そんな折、久し振りにタシギに会いましたよ。L26cm。保護色なのでいつも見つけるのに苦労させられます。


PB220108-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



22
Category: アオジ   Tags: ---

林道にて ~ 青鵐

冬鳥たちもぼつぼつとやって来ている様ですが、数はまだ少ないですね。
この林道でもベニマシコ♂♀、ルリビタキ♂を見ましたがお見せできるような画は撮れませんでした。
林道脇に何か動くもの、何かの種を啄むアオジでした。これから嫌という程会える筈ですが、今季初撮りなのでアップします。




ちょっと近付いてもう一枚。
PB170108-2blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



20
Category: オシドリ   Tags: ---

何でこんなに青いの? ~ 鴛鴦

林道で惨敗の後、オシドリ・ポイントへやって来ました。
いました、いました。でもここは遠いし暗いしで、機材の力も借りないと良い画は撮れませんね。さてさて、新しいカメラの実力は如何に!

着いた時はこんな感じでお休み中でした。さて、何羽いるでしょうか?




遠いので、テレコンを付けて。オシドリはいつどこで見ても♂の方が圧倒的に多いと思うのですが・・・。
PB170362fblog880.jpg



ここの良い所は水の色です。どうしてこんなに青いんでしょうか?
PB171255-2tblog880.jpg



泳ぎ出すのを待って。
PB170772-1tblog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 (+ 1.4x)



18
Category: タゲリ   Tags: ---

近付く貴公子 ~ 田鳧

先日のタゲリの続きです。
ジッと待っていると、どんどん近付いて来ました。




矢張り胸と頭頂が黒いので♂ですね。もう一羽いたのですが、ずっと遠くでツーショットにはなりませんでした。
PB121455-1blog880.jpg



こんなに近寄ってくれました。一度だけ十数羽の群れが降りたのですが、直ぐに通行人が来て飛ばれてしまいました。またいづれチャンスはあるでしょう。
PB121522-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



16
Category: 動物   Tags: ---

オバQ泳ぐ??? ~ ???






坊主頭に毛が三本。何者でしょうか? オバケのQ太郎のような頭の輪郭ではないですか!?
大川端でミサゴ待ちの間に現れました。
PB120282-1blog880.jpg



なんと「アザラシ」くんです。魚を追って川を上って来てしまった様です。直ぐ目の前まで来ました。
PB120261blog880.jpg



仲間からはぐれてしまたのでしょうか。なんとなく寂しそうな目つきです。元気に帰ってね!
PB120259blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x

結局この後も本命のミサゴは現れず、雨も降って来たのであえなく撤収と相成りました。



14
Category: タゲリ   Tags: ---

遠見の貴婦人 ~ 田鳧

「冬の貴婦人」とか「田圃の貴婦人」と呼ばれている「タゲリ」ももうご到着。
胸と頭頂が黒いので♂、貴公子の様です。L32cm。今回は先ずは遠見のショットを5枚。




正面はこんな顔です。
PB120774-1blog880.jpg



後姿で見返りです。
PB121011-1blog880.jpg



空を見上げて! 色も光線と角度で変化します。もう少し光沢ある緑色が出ると良かったのですが・・・。でも、表情豊かにいろんな仕草を見せてくれました。
PB120952-1blog880.jpg



最後も緑を少し背景に入れて。
PB121382-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



12
Category: ジョウビタキ   Tags: ---

冬の前触れ ~ 尉鶲

冬鳥たちも色々と入り始めている様でこれからが楽しみです。
先ずは、冬の使者の代表格のジョウビタキ♂です。




木の上の高いところで、お腹ショットばかりですね。
PB110099-1blog880.jpg



横向きもと思ったのですが、葉っぱ被りでした。
PB110129-1blog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



08
Category: カワセミ   Tags: ---

ピラカンサの大木で ~ 翡翠

新しいカメラを買っちゃいました。OlympusのOMD EM-1と言うm4/3(マイクロフォーサーズ)のミラーレス・カメラです。予約キャンペーンでおまけに付いてくる4/3(フォーサーズ)レンズ用のアダプターが漸く届いたので、初撮りに行って来ました。

初撮りはそれに相応しく、たわわに実の生るピラカンサの大木にやって来るカワセミです。こんなに大きなピラカンサの木は初めて見ました。




早朝はサービス良くやって来てくれました。♂ですね。
PB030281fblog880.jpg



理由はグタグタ述べませんが、このカメラ凄く良いです。大変気に入りました。今日は条件の良い止まりものでしたが、飛びものや高感度での性能を確かめるのが次の楽しみです。
PB030411fblog880.jpg
OMD EM-1 + ZD300mm/f2.8



06
Category: コゲラ   Tags: ---

もっと真面目に撮るべし ~ 小啄木鳥






本命のムギマキ待ちの間に良くやって来たコゲラです。面白い仕草や表情をしてくれるので、もっと真面目に撮れば良かったと反省中です。
ここ信州の高原のこの時期の鳥たちは、初夏に比べるととても少なかったですが、また来年もムギマキに会いに来ることになりそうです。



PA274155-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



04
Category: マミチャジナイ   Tags: ---

証拠の一枚 ~ 眉茶?

ムギマキと同様に秋の一時期だけ立ち寄るマミチャジナイ、L22cm、が群れで来ていました。遠くて上の方に生っているコブシの赤い実を食べに来ますが、良い画は一枚も撮れませんでした。恥ずかしながら初撮りの証拠写真の一枚です。
マミチャジナイは眉斑の目立つ、茶色のシナイ(ツグミ類の古名)と言う意味で、色や特徴から名付けられている純粋の日本名なんですね。シナイは漢字では、「即」の下に「鳥」と書くんですね、この年になって初めて見ましたよ。


E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



02
Category: レンジャク   Tags: ---

ここで会えるとは ~ 緋連雀

暫し更新をサボっている間に早11月になってしまった。
冬鳥たちも少しずつやって来ている様だ。今日、我家の庭にもジョウビタキがやってきた。例年は♂がやって来ていたのだが、今回は♀だった。縄張りの代替わりなのか、それともまだ縄張り探しの途中なのだろうか?

今月のブログヘッダーは「オシドリ」君にお願いしました。もうどこかの池にやって来ているはず、近々会えるのを楽しみにしよう。

さて、信州の高原の二日目、ムギマキを探してさまよったが再会できなかった。でも、予期せぬ出逢いがあった。この時期にここでヒレンジャクに出逢えるとは思いもしなかった。
遠く、高く、枝被りでしたが、今季の初物なのでアップしましょう。





レンジャクの好物のヤドリギの実がもう生っているんですね。分かりますでしょうか、ご覧の通り2羽でやって来ていました。今季沢山のレンジャクが来てくれる良きシグナルと大いに期待することとしましょう。
PA284426-3blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x




1
3
5
7
9
10
11
13
15
17
19
21
24
26
27
29

top bottom