FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 10 2013

30
Category: ムギマキ   Tags: ---

雌それとも若? ~ 麦蒔

ムギマキの続編です。昨日♀と若を載せると予告しましたが、実は♀なのか若♂なのか自信がありません。知識・経験不足に加えて、遠すぎたり角度が悪いが故の情報不足もあります。
図鑑では♀も若も上面は褐色、若♂には目の上後方に白斑が見られる、下面は♀は喉から下腹部まで橙色、♂は成鳥も若も喉から腹上部が橙色とあります。目の上後方の白斑ははっきり確認できませんが、どうも全て腹の上部のみが橙色なので若♂ではないかと思われますが・・・。♂が成鳥羽になるのには4年掛かるそうです。そんなことですが、3ショットご覧下さい。





PA273650-2blog880.jpg



PA273943-1bblog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


この日は一泊して翌日じっくり撮ろうと思っていましたが、翌早朝に外に出るとまずビックリ、車は霜で真っ白でした。それでも早目にムギマキ・ポイントにスタン・バイ、でも待てど暮らせどムギマキくん現れずガックリでした。霜が降りる様な気候を察知して、南方へ旅立ったのでしょうかね。兎も角、来年元気な姿で戻って来て欲しいものです。


スポンサーサイト




29
Category: ムギマキ   Tags: ---

この子に会いたくて ~ 麦蒔






この子に会いたくて信州まで小遠征してきました。
ムギマキです。シベリア等の北方から南方への渡りの途中に短期間だけ日本に立ち寄ります。秋の麦の種蒔きの頃にやって来るので「ムギマキ」と名付けられたようです。誰が名付けたのでしょうか、中々風流な良い名前です。英名もMugimaki Flycatcher、学名もFicedula Mugimakiとムギマキがそのまま使われています。
英名の通り普通は小昆虫を捕食するのでしょうが、ここではツルマサキの赤い実が大好物の様です。
何年か前に見るだけで満足していた頃にここでムギマキを見て以来で、撮影は初めての挑戦でした。例年は10月中旬頃がベストタイミングと聞いていましたが、今年は2週連続の台風接近で下旬になってしまいましたが、駄目もとでやって来ました。会えた時は本当に嬉しかったです。遠かったですが初撮りもできて遠征した甲斐がありました。



PA274091-2blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


今日はムギマキの成鳥♂でした。L13cm。上面(背中側)は黒く、目の上、後方に白斑があるのが成鳥♂の特徴です。明日は♀と若鳥を。



25
Category: モズ   Tags: ---

雨にも負けず ~ 百舌



E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


天候との巡り合わせが悪く中々鳥撮りに出掛けられません。そんな訳で我家の庭から撮れるモズ♂君の再登場です。
毎日声を聞き時折姿を目にするモズ君ですが、今日も雨の中、お気に入りの場所にやって来ました。小降りになった頃を見計らって庭に出てご挨拶。昼でも暗くてISOを上げないとブレブレでした。



22
Category: カワラヒワ   Tags: ---

コスモス畑で ~ 河原鶸



E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


コスモス畑には「カワラヒワ」もやって来ました。この時はこの一羽だけ束の間の登場でした。コスモスはご覧の通り大分痛んでいました。



20
Category: ヒバリ   Tags: ---

地上では影武者 ~ 雲雀

コスモス畑にはヒバリたちもいました。良い声で鳴き、空高く風上に向かってホバっていていましたが、正面は逆光なのであきらめて地上での止まりものばかりです。

上空では目立つヒバリですが、こんな感じで地上では影武者の如く見つけ難いですね。コスモス畑の畦道にいるのをどうにか見つけることが出来ました。




緑の草地の上に降りたので、そっと近づき撮らせてもらいました。
PA182966-2blog880.jpg



頭頂の羽を立てているので、これは♂でしょうかね。
PA182679-2blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



18
Category: ノビタキ   Tags: ---

ラスト・チャンスに ~ 野鶲

今日は久し振りにフィールドに出ました。
明日はコスモス祭で、このコスモス畑は市民に開放され刈り取られてしまうとのこと。その前にチャンスなきやと行って来ました。ここのコスモスは塩害被害で開花が遅れ、その後漸く満開を期待されていた矢先に台風が到来し茎は倒され花は飛ばされと残念な状況でした。

でも期待の「ノビタキ」は2羽やって来て暫し遊んでくれました。花が少ないので前ぼけ、後ぼけを利用して花の賑やかさを演出するのに悪戦苦闘でした。いくらか感じが出ていると良いのですが・・・。




PA183045-1t1blog880.jpg



PA183034-1t1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



13
Category: コウノトリ   Tags: ---

飛翔 ~ 鸛

「鸛」という漢字を初めて知りました。ツルではありませんよ、「コウノトリ」です。
昭和46年に日本のコウノトリは絶滅し、その後ロシアからコウノトリを譲り受け、人工飼育による野生化へ向けた努力が兵庫県豊岡市で続けれている。今では100羽超が飼育されており、野外生息数も約60羽に増えて来ているそうだ。

そんなコウノトリの一羽が信州の灌漑用ため池にやって来たとの情報をSさんよりいただき、先週遠征してきました。
以前にコウノトリを鹿児島で見たことはあるのですが、彼等はみな個体識別の為に両脚の上部に大きなカラフルな足環が付けられています。そのお陰で、この個体は2011年5月生まれの2歳の♀と判明しているそうです。
でも写真的には見事な足環と採餌で泥だらけになった嘴と、どうも近距離の止まりものは???でした。そこで狙いは飛翔姿。

飛翔姿を撮るチャンスは3回ありました。
現地に着くと既にコウノトリは水を抜き始めたため池の泥の部分で採餌中、さあ撮ろうかと三脚を広げてカメラの設定条件を確認していると、突然飛ばれて、森を越えて何処かに行ってしまいました。急いで撮った中の一枚がこれです。




大分時間が経って2回目のチャンス、つまりため池に舞い降りて来ました。ところが間が悪くその時僕は近くの公民館のトイレをお借りし用足し中。公民館から出ると、お仲間は皆レンズを空に向けています。その方向を見ると、コウノトリが羽を大きく広げて雄大なそして優雅な姿で舞い降りて来ました。残念無念、撮影は間に合いませんでしたが、その姿を見れたので良しとしましょう。

気持ちを切り替え、3回目即ち次の飛び出しを狙うことにしますが、ちょっと気を緩めたすきに飛ばれて飛び出し撮れずでした。ツルは羽ばたいたり、助走したり前触れがあるのですが、コウノトリは全く前触れなく突然飛び出すのには参りました。これまた遠くしかも後姿の画ばかりですが、広げた大きな翼はとても綺麗でした。L112cm、恐らくWSは2m以上はあると思われます。
PA081966-1tblog880.jpg



またこの森を越えてどんどん遠ざかって行きました。one more chance を期待して待ちましてが、もう戻っては来てくれませんでした。いつの日か、コウノトリがどこでも見られる身近な鳥になると良いですね。
PA081975-1tblog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



10
Category: ダイサギ   Tags: ---

小の次は? ~ 大鷺

ネタが乏しいので、またまた普通種からです。
コサギの次は「ダイサギ」ですね。コサギより大きい L90cm、黄色い嘴に黒い脚と指が特徴です。これだけ沢山が一斉に飛ぶと圧巻です。
遠征先で本命待ちの間に遊んでもらいました。エッ、本命は? 後日に!


E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



09
Category: コサギ   Tags: ---

誰も撮らない~小鷺



E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


巷では暗色型の黒いコサギが人気を集めている様ですが、こちらは普通の白いコサギです。
ここでも撮ったのは僕だけでした。出逢いの記念に一連写。その中から一枚。
嘴と脚は黒く、指が黄色いのが特徴です。L61cm 。冬羽で風になびく冠羽はありませんでした。



06
Category: モズ   Tags: ---

秋告鳥~百舌

春告鳥と言えばウグイスでどなたも異存ないと思いますが、秋告鳥と言えば何でしょうかね?
住宅街で見たり聞いたりできる秋告鳥は何と言っても「モズ」でしょうね。

我家の周りでもモズの高鳴きが聞こえてから10日程経過したでしょうか。その声の主のモズ♂の写真が漸く撮れました。我家の隣の緑地帯のヒマラヤスギに定期的に縄張りの見回りにやって来ます。この立派なヒマラヤスギが昨年切られた時にはびっくり、がっかりしたものですが、モズ君の良き見回り台になっているので良しとしましょう。




ススキの茎にもよくやって来ます。喉を膨らませて鳴いています。
PA040674-1blog880.jpg



背中側も見てやって下さい。何年か前に当にこの辺りでモズの雛たちを見たことがあるので、ここでの繁殖も期待しちゃいます。
PA040707-1blog880.jpg



この緑地帯は良い餌場になっているので、当分楽しませてくれそうです。ここはフェンスに囲まれていて、関係者以外立ち入り禁止となっていて、時々変なカメラマンが覗き見するのを除けば、鳥たちも安心しているようです。
ところで今日散歩に出掛けたんですが、この子は結構遠くの家のTVアンテナの上で高鳴きし、次から次に移動していました。縄張りが想像以上に広いので驚きました。
PA049770-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



05
Category: オオソリハシシギ   Tags: ---

羽ばたき五コマ~大反嘴鷸

水浴びをしているオオソリハシシギ幼鳥を発見。水浴びの後は羽ばたきをする筈と狙っていると、期待通りやってくれました。
大きい鳥の羽ばたきはダイナミック且つ優雅です。英国の Collins Bird Guid では L33-41cm(含嘴7-11cm)、WS(WingSpun翼開長でしょうかね)62-72cm とありました。
では、その羽ばたきを五コマ連続で。



P9308630-1blog880.jpg


P9308632-1blog880.jpg


P9308633-1blog880.jpg


P9308634-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



04
Category: ミヤコドリ   Tags: ---

さざ波に遊ぶ~都鳥

お気付きでしょうか。今月の当ブログヘッダーは「ミヤコドリ」君にお願いしています。
オレンジ色の3点セット、嘴、脚、そして目、が特徴なんですが、目の色が中々出なくて難儀します。
ミヤコドリは英名 oyster catcher 、ここには牡蠣はなさそうです。でも、潮干狩りのメッカなので、あさりは沢山あるんでしょうね。せっせと二枚貝を食べていました。L45cm。





P9227492-1blog880.jpg



P9227497-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



01
Category: キビタキ   Tags: ---

嬉しい一枚~黄鶲

今日から10月、後半戦のスタートですね。
先ずは嬉しい一枚から。


E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


キビタキ♂(左)と♀です。
♀と若は時々来てくれていましたが、「♂よ来い」と念じていたら何と♀と一緒に並んでくれました。
♂の登場はこのワンチャンスだけでしたが、この日は大満足の一日なりました。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



2
3
7
8
11
12
14
15
16
17
19
21
23
24
26
27
28
31

top bottom