FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 07 2013

31
Category: カイツブリ   Tags: ---

成長記録 Day 27 ~鳰

あれから二日後、Day 27 。
雛は前回と同じく4羽だけ、巣には卵がない。伺うと、前日に5羽目が孵ったけれど、いかにも弱々しい雛だったそうで無事に育たなかったとのこと。本当に残念!
でも、残る4羽は元気に育っています。行動範囲もかなり広がっている様です。親は雛たちが背中に乗っかると重そうです。もう4羽を背中に載せるのは難しそうで、3羽まで何とかという感じです。




P7176636-1bblog880.jpg



P7176504-1bblog880.jpg



P7176342-1bblog880.jpg



P7176649-2bblog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


スポンサーサイト




30
Category: カイツブリ   Tags: ---

成長記録 Day 25 ~鳰

2羽が孵っていた日の3日後の Day 25。もう2羽、計4羽が孵っていました。カメラマン大勢です。遠いこちらから撮るのは少数派です。遠いけれど、こちらからの方が水面の緑が綺麗です。




あとの3羽はどこでしょう? ママの翼の中かな? 卵は残り一つです。
後のオレンジ色は鯉です。鯉は意外と大きいなぁ。カイツブリは成鳥でも体長は26cm。雛は何cmでしょうかね。とても小さいですね。
P7154706-1blog880.jpg



お尻を向けて失礼! 3羽の雛が見えていますが、もう1羽はママの翼の下でしょうか。パパはせっせと餌運び。
P7154214-1blog880.jpg



彼らの動きが止まり、風も凪いで、水面が艶やかな緑色の飴を流した様になりました。
P7155635-1blog880.jpg



反対向きも。雛たちも、親の背中に乗って甘えるのは今の内。幸せな時間が流れています。次は5羽目の雛が見れるでしょうか。楽しみです。
P7155404-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


29
Category: カイツブリ   Tags: ---

成長記録 Day 22 ~鳰

その後「5個目の卵を産んだ」とのカイツブリ通信届く。
カイツブリの場合は、孵化するまでの抱卵期間が20~25日とのこと故、兎も角も雛が無事孵るのを祈りつつ待つしかない。

愈々その時がやって来た。Day 22 に様子を見に出掛けた。なんと2羽の雛が無事に孵っているではないか。雛たちはちっちゃくて可愛いですね。巣も随分と立派になってます。水位が下がったのか、枯れ葉をたんと積み上げたのか、その両方か。




卵はいくつあるかな? ありました、ありました。でも2個しか確認できませんね。親は時々卵を転がしています。
P7121892-1blog880.jpg



角度を変えて見てみます。ありました、ありました。3個確認できました。これで計算が合いますね。ちびちゃんたちはもう泳げるんですね。あれっ、こっちの方が水面が綺麗に写りますね。この日は時間が余り無いのでこれで早仕舞い。また近い内に来ようっと。
P7123292-3 (2)blog880
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



28
Category: カイツブリ   Tags: ---

成長記録Day1 & 4 ~鳰

近くにある里山の池で営巣したカイツブリの繁殖・成長振りを撮りに何回か通っています。
そんな訳で成長記録を何回かに分けて載せますね。
今日は抱卵編です。

この里山に毎日の様に jog & walk にやって来る呑み友からカイツブリ通信のメールが時折やってくる。「只今営巣中、卵x個」、「卵無くなり、また新たに営巣中」という具合だ。
このカイツブリの番は今季5回目の営巣だそうだ。過去4回は孵化する前に卵を天敵にやられてしまったとのこと。子孫を残すという営みの凄まじさを実感する。

この日は現地に到着すると、小雨模様のせいか、過去4回で懲りたのか、カメラマンは誰もいない。
カイツブリの番は一生懸命に枯れ葉を積み上げて巣作り中。水面すれすれの高さの丸太杭の上に営巣している様だ。勿論まだ卵は無い。そんな様子を見ていると、1羽が巣の上に乗った。もう一羽は巣材を引っ切り無しに運ぶ。




暫くすると巣の上の1羽が立ち上がった。あっ、卵だ。一つ産んだ。
1回に平均5個卵を産むらしいので、これが通算21個目くらいだろうか。
カイツブリは雌雄の見分けが付かないが、この場合は確信を持って、巣の上にいるのが♀、水の中から卵を見つめているのが♂。
今日最初の卵を産んだ日を Day1 としよう。
P6215266-1blog880.jpg



さて、あれから3日後の Day4 。巣の上には卵3個。1日1個のペースで産むと聞いたことがあるが、順調に産んでいる様だ。2個しか見えないが、もう1個は大きな左足の下。
P6246539-1blog880.jpg



暫く卵を抱いたり、立ち上がったりを繰り返した後、4個目の卵を産みましたよ。白い色の卵がそれです。卵を産み落とす瞬間は見れませんよ。伏せている時に産む様です。
時折こんな風に小さな翼を羽ばたかせ卵に風を送ったり、濡れた枯れ葉を被せたりしています。ここは青天井、炎天下では茹で卵になりそうです。もう一つくらい卵を産むのでしょうか。
こんな丸見えのところで大丈夫か心配です。今回は無事雛が孵り成長することを祈るばかりです。
P6246561-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 (+ 1.4x)



27
Category: ツミ   Tags: ---

初めての猛暑体験~雀鷹

近くの公園でツミの幼鳥に会えました。この公園では4羽の雛が育ったそうです。




とても暑い日でした。初めての猛暑で、流石のツミくんもグッタリ。木陰でマッタリ。いくらか冷たそうな木肌にお腹を付けて一休み。
P7123834-1blog880.jpg



そろそろお腹が空いてきたかな?ママ、パパ、兄弟は見当たらず、暑いので早々に引き揚げました。
P7123898-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8



26
Category: カイツブリ   Tags: ---

蓮池にて~鳰





あのヨシゴイのいた蓮池で、ヨシゴイが現れるまで遊んでくれたカイツブリです。
上は蓮の花咲く良いところに来てくれました。
下は何か捕まえましたよ。トンボです。オニヤンマでしょうか?


P7237526-1blog880.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0

カイツブリと言えば、近くの池で営巣・繁殖したカイツブリたちを随分撮らせて貰いました。近日公開です。



25
Category: ゴイサギ   Tags: ---

幼名を持つ鳥~星五位

蓮池のヨシゴイを後にし、ササゴイで有名な公園に寄り道。
ササゴイの幼鳥かと思いきや、ゴイサギの幼鳥、別名ホシゴイでした。幼名を持つ鳥は他にいますかね?




ゴイサギの幼鳥・若鳥は上面に白い斑点が沢山あり、星の様に見えることから星五位(ホシゴイ)と名付けられたそうな。ところで、嘴上下の噛み合わせは、これで上手く行くんですかね!
P7237974-1blog880.jpg



ゴイサギ族はみんな首が良く伸びて、別の違う鳥の様に見えますね。
P7237985-1blog880.jpg



大きく羽ばたいて、出世魚ならぬ出世鳥とならんかな!
P7238107-1blog880.jpg



親でしょうか、成鳥ゴイサギもいました。
P7237925-1ablog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x

ところで、狙いのササゴイは遠くの木の上で♀が2番子を抱卵中でした。巣立った1番子たちの姿は見れませんでした。道理でカメラマンは誰もいませんでした。相手をしてくれたホシゴイ君に感謝です。



24
Category: ヨシゴイ   Tags: ---

今年も古代蓮と遊ぶ~葭五位

たまには新ネタを。
そろそろ花も咲き誇っているかなと期待し、古代蓮と遊ぶヨシゴイを撮りに行って来ました。
今年は様子が様変わり。蓮が大きく刈り取られていて、長方形の小さな一区画だけが残されていました。
水面に広がる蓮の葉っぱの上を歩く姿や、蓮の花の茎に止まる姿は期待できそうもありません。みんな良く知っているのか、カメラマンも僅かな人数だけでした。

ヨシゴイは居るにはいるのですが、この密集する蓮の中に入って出て来ません。出てきたと思ったら、見えない後ろ側から、直ぐに対岸の営巣地に飛び去り遠ざかって行くばかり。現地に朝7時に着いて、10時半までチャンス全くなし。諦め掛けたその後30分間に動きあり、何とか撮ることができました。

首から上が見えました。




蓮の葉っぱの上に止まり、全身が見えました。
P7237782-1blog880.jpg



おっと、突然のジャンプ。
P7237805-1blog880.jpg



今回は機動力重視で、短めのレンズを手持ちにして正解でした。
P7237806-1blog880.jpg



茎止まりのチャンスが無いので(本当は1回だけありましたが枯れた葉っぱが煩いので没にしました)、飛びものを頑張るしかありませんでした。
P7237642-2blog880.jpg



あれっ、今日は6枚も載せちゃいました。来シーズンに期待してヨシゴイ君さよおなら。
P7237666-2blog880.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0 (+1.4x)



22
Category: コサギ   Tags: ---

魚獲り~小鷺

何も沖縄まで来て普通種を撮らなくても良いのにと思われるでしょうが、コサギが目の前で魚獲りを始めたので、条件反射でしょうか、思わず撮ってました。ここでは、背景は何処まで行っても大自然、人工物一切なしなので、背景を気にせずに撮れました。

羽を広げて光の反射を防いで獲物の動きを見てるんですね。




獲る瞬間は動きが速くてピントが合いませんでした。獲ったと思ったら、直ぐにとびあがりました。
P6162522-1blog880.jpg



場所を移してゆっくりと食事、いえいえ、あっと言う間に飲み込んでいました。
P6162531-2blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



21
Category: キンパラ   Tags: ---

初耳、初見、初撮り~金腹





今日もまたまた沖縄から。
初見、初撮りばかりでなく、沖縄に来て初めて耳にしたキンパラです。
東南アジアでは留鳥で珍しくも何ともないんだそうです。あの文鳥もこのキンパラの仲間だそうだ。
余り良い画はありませんが、僕にとっては珍しいのでアップしておきましょう。


P6162289-3blog760.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



18
Category: クロサギ   Tags: ---

絶壁に営巣~黒鷺

新ネタが余りないので、またまた沖縄の残りから。

バン、オナガ、リュウキュウツミ、シロチドリと雛や幼鳥をアップしましたが、今日はクロサギ(黒色型)の雛たちです。日本中が雛たちの季節ですね。

近付きようもない遠い絶壁です。肉眼では勿論のこと、双眼鏡でも見つかりません。バードガイドさんの望遠鏡を覗かせて貰い、位置を確認して、モニターを見ながらライブビュウで撮影です。ライブビュウで使える7倍になるMFアシストを使ってピントを合わせます。こんな時に便利ですね。
どこだか分かりますか? ヒント:雛が2羽います。




一羽の雛が絶壁を少し下りて来ました。大丈夫かな!落ちないか心配です。
まだ分かりませんか? ヒント:雛たちの羽は岩の色に同化しているので、嘴と肢の黄色を探して下さい。
P6162039-1blog880.jpg
まだ分からない人の為に、
答:上の写真(2枚目)のtoru's birdie photologを左にずっと行って下さい。岩に這っている草の左下に、絶壁から落ちそうな1羽の雛がいますよね。その左上の穴というか、窪みが巣の様です。その左に横になっているもう1羽の雛がいます。一枚目の写真では巣の中で2羽が向かい合っています。


大きいクロサギ黒色型もいました。上面(背中)が褐色気味(赤味が強い)で冠羽も見えないので幼鳥かも知れませんね。雛たちも同じ所から撮りました。ここよりもっと高い場所ですから海面から30~40メートルくらいあったでしょうか? 凄い場所に営巣するので吃驚でした。
P6161882-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



17
Category: シロチドリ   Tags: ---

この子誰の子?~白千鳥

今日も沖縄の残りから。

小さくて可愛い雛です。良く見ないと気が付きませんね。
向こう(右奥)ではコアジサシも営巣していました。




ママを追いかけている様です。さーてこの子は誰でしょうか?
P6163921-1blog880.jpg



ここでは、ママには気が付きませんでしたが、別の場所で同じ鳥を見ましたよ。
そう、シロチドリです。♀ですね。
P6162129-1blog880.jpg



辛うじて枠に入った飛び姿も。
P6162141-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


16
Category: ツミ   Tags: ---

パパは束の間の休息~琉球雀鷹

昨日はリュウキュウツミのママと雛たちでした。パパはどうしているのでしょう。
パパの役割は専ら狩り。雛たちやママの餌を獲るのに大忙し。獲った獲物はママに渡します。ママは調理して雛たちに餌を与える役目。
そんな献身パパも小休止で伸びを何度もしていました。




本土のツミよりも上面(背中側)の色が随分と濃い感じがします。
P6163817-1blog880.jpg



仕草は全く一緒ですね。
P6163853-1blog880.jpg



ツミの♂は大好きですね。
P6163868-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


15
Category: ツミ   Tags: ---

1、2、3、・・・何匹かな?~琉球雀鷹

今日は沖縄の残りの中から、リュウキュウツミの雛たちです。
そろそろお腹がすいて来ました。ママはまだかなぁ~。
1、2、とそして左には何羽かな?




ママが餌を持ってやって来てくれました。
雛は1、2、3、4羽でした。
P6163369-3blog760.jpg



雛たちは随分大きさに差がありますね。ママはちびちゃんにも餌をちゃんとくれてました。大きくなれよ!
P6163079-3blog760.jpg



ママは行ってしまいました。雛たちみんなでお見送り。
P6163440-3blog760.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


14
Category: オナガ   Tags: ---

ギューイギュイギュイ~尾長

暑いので最近は専ら近場で午前中の鳥撮りです。

今日はオナガの幼鳥です。




美形に反して、ギューイギュイギュイとうるさい声で鳴きます。鴉の仲間だからしょうがないですね。
P7070384-3blog880.jpg



そのちょっとしたハンサム振りをアップで。
P7070565-4blog760.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0 + 1.4x



11
Category: アオバズク   Tags: ---

はしご~青葉木菟

アオバトを早々に切り上げ、近くのアオバズクのポイント2ヶ所を30分づつ立ち寄り様子を見て来ました。

最初のポイントでは、この子だけでした。多分この子は♂。♀は抱卵中でしょうか?殆ど寝てますが、時折目を開けます。




別のポイントは2羽が外に出ていました。♀も出ていると言うことは、孵化しているのでしょうか?それとも一休みでしょうか?近い方の1羽の表情が面白かったのでアップします。もう1羽は高い所なので撮りませんでした。
葉に隠れて見つけ難かったです。探していると真上にいました。下から失礼!目と目が思わず合っちゃいました。
P7081592-5blog760.jpg



最初はグー、じゃんけんぽん。君はサウスポーかな?
P7081612-3blog760.jpg



見れる場所と角度は狭い範囲でした。どちらのポイントも雛たちの誕生が待ち望まれます。しかし今年はいろんな所で遇えますね。良く見ると皆ちょっとづつ違いますね。向こうもこちらをそう思って見ているんでしょうね。
P7081627-3blog760.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0 + 1.4x



10
Category: アオバト   Tags: ---

波飛沫と~緑鳩

アオバトの続きです。波飛沫とアオバトなんですが、何度来てもイメージ通りの画が撮れません。もっと通えと言うことでしょうかね。でも、暑いしなぁ~。
いくつかお付き合いください。




P7081323-1blog880.jpg



P7080668-1blog880.jpg



P7080660-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



09
Category: アオバト   Tags: ---

飛翔~緑鳩

今年初めてのアオバト撮りです。本当に暑いです。早朝の短時間勝負です。
今日は飛翔姿をいくつか。この日は結構頻繁に、時に大きな群れでやって来てくれました。
P7080883-1blog880.jpg



磯に魚獲りの人が入っているので、いつもの所には止まりませんでした。
P7081072-1blog880.jpg



色の綺麗な飛翔姿を何とか一枚撮れました。
P7080871-4blog880.jpg



白い漁船が良い場所に入ってました。ここはいつも難しいなぁ~。
P7080836-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



08
Category: 動物   Tags: ---

暫し戯る~日本猿

先日サンコウチョウを撮りに出掛けたのですが、双眼鏡でも見えない暗いところばかりで、良い所には現れてくれませんでした。シャッターを1回も切らずにとぼとぼと帰ります。駐車場に着くと何やら賑やかな声。日本猿の群れです。暫く遊んで貰いました。

パパです。もっと凛々しい姿の画もあるのですが、武士の情け、この程度にしておきましょう。




ママです。随分と顔の赤さが違いますね。
P6286979-1blog880.jpg



子供A。猿たちのお目当ては、この枇杷のようです。果汁を顎に垂らしながら食べてますね。民家の庭にある立派な枇杷の木ですが、猿たちはこの民家の屋根の上を駆けまわっていました。お察しします。
P6287052-1blog880.jpg



子供B。もう少し待てば、もっと甘くなるのに待てなんですね。舌舐めずりしています。兎も角も、遊んでくれてありがとう。シャッターが切れると気分はスッキリしますね。
P6287084-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8



07
Category: アオバズク   Tags: ---

眼光~青葉木菟





ブッポウソウのいた所には、アオバズクも居ました。
近くで♀は抱卵中でしょうか。この子1羽でした。きっと♂で巣を見守り中なんでしょうね。中々の眼光です。
違う角度から一つ目も撮らせてもらいました。大変お邪魔しました。早々に引き揚げました。


P7029713-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



05
Category: ブッポウソウ   Tags: ---

当に森の宝石~仏法僧

前日に下見した橋の巣箱に営巣する番をターゲットに昼過ぎまで粘りましたが、遠いし電線が邪魔でどうにもなりませんでした。
諦めて帰ることにしました。途中でちょっと停車して、カーナビに自宅をセットしようとした時に、後ろから来た車が前に停車しました。昨日のご夫妻の車です。当に1分ずれていれば会えなかった偶然の出逢いでした。このご夫妻は巣を掛けた橋を殆ど回られたそうで、良いポイントを見つけられたとのこと。ご親切にもその場所まで先導して頂きました。
ここは、光り良し、電線無し、バックが緑、適度な距離で絶好のポイントでした。この幸運の女神のご夫妻に大感謝です。ご夫妻は午前中に堪能された由にて、暫くして帰宅の途につかれました。お隣の市に住まわれるご夫妻とはまた何処かでお目に掛かりたい、きっと再会できると思います。
旅に出ると、よくこんな親切なお仲間たちとお会い出来るのも、旅の楽しみの一つですね。

1:30から帰る3:00までチャンスは頻繁に訪れ、昨日からの1日半は何だったのかと思う程でありました。
あのカワセミは清流の宝石、水辺の宝石と言われますが、ブッポウソウも当に「森の宝石」と言われるに相応しいと実感する時間でした。昨日の写真と違う色合いをお楽しみ頂ければ幸いです。




P7029898-1blog880.jpg



P7029995-1blog880.jpg



P7029928-4blog880.jpg



P7020350-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



04
Category: ブッポウソウ   Tags: ---

霊鳥~仏法僧

長野県南部へブッポウソウに会いに行って来ました。無論、初見、初撮りです。

村役場のビルの屋上に設置された巣箱にブッポウソウが営巣し雛が5羽孵ったのですが、1羽が残念にも育たず、でも残る4羽は元気で成長している様です。親たちは空中に飛ぶ昆虫を捕まえ、せっせと雛たちに運んできます。

ここはビルやアンテナや人工物が多く、画作りが中々難しいです。でも、この日のテーマ「人工物無し、空抜けなし」の「飛びもの」に挑戦です。ピンボケ写真の量産でしたが、見れそうなものをいくつか。

先ずは遠見の構図でワンチャンスありました。光が弱いのでISO1600です。ノートリミングならギリギリ見れそうです。この子は羽の一部が欠損しています。




仏法僧は、一夜勉強によると、仏教の三宝、即ち仏、仏の説いた法、その教えを奉じ広める僧、を象徴する言葉だそうだ。この鳥は長い間「ブッポウソウ」と鳴くと思われていて、この姿にも相応しいこの名前が付けられ霊鳥として親しまれてきたようだ。ところがある時、ブッポウソウと鳴くのはミミズクの仲間のコノハズクであることが判明したと言う落ちまで付いています。因みに、この鳥は「ゲッ、ゲ、ゲ、ゲ」と姿に似合わぬ声で鳴いていました。
撮影場所も、その名に相応しく役場に隣接するお寺の境内をお借りしています。
光が良くなくてブッポウソウの綺麗な色が出ていません。肉眼ではもっと見れませんでした。因みにこの画はISO640、ISO調整が忙しかったですね。この日はここまでで終了。
P7017691-1blog880.jpg



さて、一泊するか、それとも帰るか、川に掛かる橋での営巣状況を見て決めることに。ある橋で探鳥していると、そこでお会いしたご夫妻からご親切にも情報を頂いた。条件は厳しそうだが、巣に番が来ているのを確認、一泊することにした。これが大正解。このご夫婦が当に幸運の女神で、翌日にも有力な情報を頂戴することになるのでした。それは明日のお楽しみ!

翌朝早起きをして昨日の場所で、朝の弁当ができる9:30まで再挑戦。ところが天気予報に反して小雨がぱらつき暗くてがっくり。雨が止み明るくなるまで待つ。幸い8:30頃には雨も上がり明るくなってきた。あれっ、上と同じ様な画ですね。
P7029031-1blog880.jpg



この日も無論ピンボケ量産。上がISO640、下がISO800。800までには押えたいですね。ここで撮った中では、これが一番色が出ているでしょうか。予定通り、9:30に終了、弁当を買って、次の場所に移動です。
P7029126-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



03
Category: バン   Tags: ---

アルビノJr.たち~鷭

プチ遠征で更新が滞りました。
沖縄シリーズの残りがまだあるのですが、鳥撮りもその内ネタ切れになるでしょうから、残りはその時にしましょう。

今日は地元の調整池のバンたちです。
昨年8月にバンのアルビノ(白化個体)の雛をアップしたのですが、その後何回か覗きに行ったのですが、彼の成長振りを見ることが出来ませんでした。久し振りに行ってみたら、またもやアルビノの雛が、しかも2羽いました。彼は元気で成長し、彼の遺伝子を残している様です。このアルビノJr.たちは、きっと彼(彼女かも知れませんが…)の子供に違いありません。




お兄ちゃんと一緒に。見て下さい、肢の大きさはもう一人前です。
P6214664-1blog880.jpg



1羽をちょっとアップで。2羽を含めみんな元気で育って欲しいものです。そして、また来年も白い雛たちに会いたいものです。
P6214754-1blog880.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0 + 1.4x




1
2
6
12
13
19
20
23

top bottom