FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 06 2013

30
Category: アオバズク   Tags: ---

ここでは留鳥~琉球青葉木菟

今日で6月も終わり、早くも折り返し点ですね。
沖縄で出会った鳥たちまだまだあります。広く浅くではありましたが・・・。

その前に、明日ブログ更新が出来そうもないので、今日の内にブログヘッダーの模様替えをしておきましょう。
6月のホウアカ君お疲れ様でした。7月はアオバズクの雛たちにお願いしましょう。
この洞のある樹は、枯れて倒壊の危険ありとして、昨年 雛たちが巣立った後で切り倒されてしまいました。
もうこう言う姿を見ることは出来なくなりました。7月中旬頃には巣立った雛たちをどこか他の場所で見れるでしょうが、洞の中の雛たちを見るのは難しそうです。




模様替えしたヘッダーに因んで、今日はリュウキュウ・アオバズクです。関東には青葉の頃にやって来るアオバズクですが、ここ沖縄では留鳥で1年中居るそうです。でも繁殖は当に今で、♀は抱卵中の様です。ですから、この子は♂だと思います。本土のアオバズクとの違いは自分にはとても分かりません。


P6140424-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 (+1.4x)


スポンサーサイト




28
Category: クロサギ   Tags: ---

白くても~黒鷺

沖縄シリーズ9回目。
クロサギの白色型です。奄美大島以南では白色型が多いそうです。
この2羽は羽に黒斑が少し見えるので、若鳥でしょうか。




別の場所にも。黄色の肢がクロサギの特徴です。
P6162183-1blog880.jpg



どんどん沖に遠ざかっていきます。
P6162232-1blog880.jpg



何を言っているのやら?
P6162414-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



27
Category: クロハラアジサシ   Tags: ---

水彩画の様に~黒腹鯵刺





沖縄シリーズ8回目。
セイタカシギたちと同じ田圃にいたクロハラアジサシです。お腹が黒いですね。ずっと飛びっ放しでした。
水彩画の様に・・・と言うのは単にピントが来ていないということ。SSが上がらずに手持ちでは無理でした。
この背景でびしっと決めたかったのですが・・・。でも、初見初撮りということで、ご容赦の程。


P6151730-2blog760.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



26
Category: セイタカシギ   Tags: ---

貴婦人飛ぶ~丈高鷸

沖縄シリーズ第7回。
水辺の貴婦人とも言われているセイタカシギです。どこで見ても、止まっていても、飛んでいても綺麗な鳥です。




群れで田圃に居ましたが、ときどき青空を舞ってくれました。
P6151468-1blog880.jpg



田圃に戻って来ました。後の子の身体に、自分の翼の影がストライプ模様になって映っています。
P6151404-3blog880.jpg

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


25
Category: リュウキュウツバメ   Tags: ---

今日もケーブル止まり~琉球燕





沖縄シリーズ第6回。
不本意ながら、今日も電柱を支えるケーブルに止まったリュウキュウツバメです。
本土のツバメと何が違うのか、人工物止まりはなァと確り撮らなかったのですが、勉強不足でした。
昨日のアカアシチョウゲンボウは上面(背中側)を撮らず、今回は下面(お腹側)を撮らずでした。
リュウキュウツバメは下面が特徴的なのに・・・。


P6140963-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



24
Category: アカアシチョウゲンボウ   Tags: ---

君も電線好き?~赤足長元坊





沖縄シリーズ5回目。アカアシチョウゲンボウ♂です。
やんばるでヤンバルクイナを探す途中で遭遇。チョウゲンボウの仲間は電線や電柱が好きですね。
上面(背中側)も撮りたかったなァ。でも、ヤンバルクイナを探しにそそくさと出発!
また何処かで遇えるでしょうか?


P6151184-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x


23
Category: エリグロアジサシ   Tags: ---

平和に感謝!~襟黒鯵刺

沖縄シリーズ4回目。今日は沖縄「慰霊の日」。

エリグロアジサシたちが毎年の様に営巣するというこの岬は沖縄戦跡国定公園になっている。
運転手さんに尋ねると、敗戦濃厚になった時にこの岬から身を投げた多くの沖縄の人々がいたそうだ。




この岬も敵側の船隊に囲まれていたらしい。投降を促す敵方の声は、戦時下では沖縄の人々の心には届くはずもなかった。
P6161942-1blog880.jpg



その時も、きっと今と変わらず、エリグロアジサシや他の野鳥たちの営みがあったに違いない。今の平和の時代に感謝しつつ、合掌!
P6161837-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



22
Category: ノグチゲラ   Tags: ---

野口さんは誰?~野口啄木鳥


E-5 + 150mm/f2.0 + 1.4x


沖縄シリーズ3回目。やんばる三点セットの二つ目、ノグチゲラです。♂です。沖縄の県鳥だそうだ。
良い画がないので、野口さんは誰だろう?で一くさり。
鳥に人名が付いているのは、イイジマムシクイの飯島さんとノグチゲラの野口さんくらいでしょうか。飯島魁(いさお)さんは動物学者で日本鳥学会の初代会頭で氏素性がはっきりしています。
ノグチゲラの野口さんはどうでしょうか? 開国後、英国商人(商会の駐在員でしょうか)ヘンリー・プライヤー氏が日本にやって来ます。この英国人は、商売ばかりでなく、未知・未開の日本の動物、野鳥や蝶に興味が深く、本国に採集した標本を送っていたらしい。彼の通訳をしていたのが野口源之助、或いはノグチゲラの標本採集をしたのが野口何某、それでプライヤー氏はこの啄木鳥にノグチの名を付ける様に頼んだというのが定説になっているらしい。ところが、プライヤー氏の内縁の妻(現地妻)が野口姓でその名を付けたと言う説もある様だ。今になっては事実関係は分からないが、推理するのは面白そうだ。
僕の勝手な推理は、日本に居た証として自分の愛する内妻の名を何かに残したい、珍しい鳥の名前に女の名前は付けられない、ましてや内妻の名前を付けたとは口が裂けても言えない、彼女の姓はたまたま通訳 and/or 採集人と同じ野口だ、そうだ野口の名を冠しよう。
写真が撮れない時は、他の遊びをするのも楽しいものだ。

やんばる三点セットの最後の一つ、ホントウアカヒゲは声を聞き、林道を横切って飛ぶ気配を感じただけで、姿を確認するには、ましてや撮影には至りませんでした。いつか判らぬ次の機会を待つことにしましょう。そんな訳で、後はおまけばかりです。悪しからず。



21
Category: ヤンバルクイナ   Tags: ---

マイクロバスで缶詰~山原秧鶏

沖縄シリーズ2回目。目的の一つ、ヤンバルクイナです。

この鳥は、警戒心が強く車の中からしか撮れないとのこと。確かに道路に出て来て採餌しているが、直ぐに脇の草むらに入ってしまう。でも、窓が少ししか開かないマイクロバスでは撮るのは難しい。手持ちで機動力が発揮できる様に短めのレンズを選ぶ。




くじ引きで良い席が当たったが、それでも撮影チャンスは僅か。それも道路脇ばかり。
P6151069-1blog880.jpg



こんな自然な背景で撮りたいけれど、遠くて肢も見えていない。
P6151080-1blog880.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0 + 1.4x

個体数は結構多そうだ。窓が全開する乗用車ならば、そして待つことを惜しまなければ、結構良い画は撮れそうな感じだ。また、いつの日か再挑戦に来よう!



20
Category: ベニアジサシ   Tags: ---

ペア・ダイブ~紅鯵刺

とうとう沖縄まで行っちゃいました。沖縄は初めてなので、今回は少人数のバードウォッチング・ツアーに参加しました。
駆け足気味で、ツアー故の制約もありましたが、いろんな鳥たちを見れたし、そこそこ撮影チャンスもありました。現地在住のバードガイドさんの情報は流石でした。

沖縄シリーズ、先ずは沖縄らしくスタートしましょう。美しい海をバックにベニアジサシのペア・ダイブです。




姿が綺麗なアジサシですね。肢の赤が映えますね。本来は嘴も赤いのですが、今は繁殖期で嘴が黒くなっているそうです。
P6140845-1blog880.jpg



沖縄はこの日に梅雨明け。夏の日差しを浴びて、大汗をかきながら、大きな橋の下の向こう側でのペアの舞いを見せて貰えました。
P6140846-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x

沖縄シリーズ続きます。暫しお付き合い頂だければ幸いです。



19
Category: キジ   Tags: ---

母衣打ち~雉

まだ遠征の写真整理が済んでいないので、遠征前に撮ったキジの母衣打ちで繋ぎましょう。
キャベツ畑に隠れていたキジ♂が突然大きな声と共に母衣打ちを始めました。




バックは水の入った田圃なんですが、想像以上に光ってますね。
P6069175-1blog880.jpg



そこで、ちょっと角度を変えて待っていると、また母衣打ちしてくれました。真正面で喉の奥が見えちゃってます。
P6069482-1blog880.jpg



尾羽の先も左右に分かれているんですね。初めて知りました。
P6069484-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



17
Category: カルガモ   Tags: ---

家族写真~軽鴨

ちょっと遠征しておりまして更新が暫し滞りました。
写真の整理がまだ出来ていませんので、暫く前のカルガモの雛たちをアップします。

先ずは、全員集合の家族写真から。ママとお兄ちゃんに見守られて。見ての通り6人兄弟です。




ママが何処かに行ってしまいチョッとパニックです。
P6069048-1ablog880.jpg



池の水が綺麗なら良いのですが・・・。忘れな草が写り込む場所で。
この家族、実は全員集合ではないらしい。最初は7人兄弟だったそうです。
犠牲になってしまった一羽のことを、この家族はきっと忘れない! Foget-me-not と聞こえている筈だ。
P6069068-1blog880.jpg



のんびりと日光浴。
P6079902-1blog880.jpg



水から上がったばかりのやんちゃ君。残った6羽はみんな元気で育って欲しいものです。
P6068777-2blog880.jpg
E-5 + ZD150mm/f2.0 (+ 1.4x)




14
Category: イワツバメ   Tags: ---

朝雲湧く中で~岩燕



E-5 + ZD150mm/f2.0

標高1500mにある秘湯の宿は風呂、食事、部屋全てに大満足。信州の旅の良い締めくくりになりました。

この宿の軒下にイワツバメたちが営巣していました。部屋から巣は見えないのですが、出入りする姿は観察できました。
近い距離では速すぎてとても撮れません。少し遠目を狙って、朝飯前のチャレンジでした。
雲が下から湧いて来ます。山が見えたり隠れたり。精一杯の一枚!

この後、雨が激しくなり、予定していた志賀高原~軽井沢ルートは諦めて一路我が家へ。


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


13
Category: アオバズク   Tags: ---

仲良しカップル~青葉木菟

高原の最終日は雨。早々に切り上げ、上さんが一緒に付いてきた大きな理由である秘湯の宿に向かう。でも途中に気になる寺院があるので立ち寄る。お仲間発見。地元のバーダーさん達によると、本命はこの地域には来ている様だが、まだ定着していないらしい。

代わりにアオバズクの仲良しカップルに遊んで貰った。昼間は御休み時間だが、時折目を開けたり、くっついたり離れたり。暫く待つと雨も止んで日差しも出てきた。
P5297328-1blog880.jpg



すみません、ちょっとお邪魔しています! 睨まれてしまった。
P5297487-1blog880.jpg



羽繕いを始めた。羽繕いと言うよりも甘噛みの愛情表現かな。どちらが♂でどちらが♀だろうか。左の方が♂だと思うのですが、どうでしょうか?
P5297524-1blog880.jpg



お返しも。
P5297598-1blog880.jpg



この日の仲良しはここまででした。
この日はバリアングル液晶モニター+レリーズ+MF+ライブビュー撮影。首が疲れなくて楽です。上さんに両方が目を開けたらレリーズを押してと頼んで昼食タイム。なにか一所懸命カチャカチャと押してます。多分その中の一枚がこれです。

E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x

逆光で陽も強くなってきたので撤収しました。営巣してくれて、元気な雛たちが無事に育つようお祈りしましょう。
その頃には本命も居るだろうし・・・、でもその為には多分来られないなぁ。



12
Category: カッコウ   Tags: ---

お尻も上げず~郭公

カッコウと言うと「カッコウという鳴き声」と同時に「お尻を上げた格好」がイメージとしてありますが、前回の記事の通り「鳴かず」ばかりか、更には「お尻も上げず」でした。托卵を企んでお疲れなんでしょうかね?
この枝では暫くまったりとしてくれました。




P5286517-1blog880.jpg



P5286572-3blog760.jpg



P5286569-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x

信州の高原シリーズ、これで終了とします。今までアップした他には、コルリ、アカハラ、クロツグミ、ミソサザイ、サンショウクイ、ニュウナイスズメ、キバシリ、ゴジュウカラが撮れましたが、お目せ出来るような画はありませんでした。久し振りに本来の「探鳥」+「撮影」を堪能しました。ここでは本当に「実力」と「運」が試されますね。ここには春と秋には毎年来ようと思います。



11
Category: アオジ   Tags: ---

この子の囀りも~青鵐

アオジ♂です。この子も大きく口を開けて良い声で囀ってました。




ノジコと似てますが、違いを比べてみて下さいね。
P5286837-2blog880.jpg



別の個体でしょうか?良く見れる鳥ですが、新緑のアオジは格別に綺麗です。
P5285533-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



10
Category: アカゲラ   Tags: ---

♀もお忘れなく~赤啄木鳥

アカゲラの♀もいましたよ。
一緒に行った上さんが見つけました。上さん「あそこよ!あそこよ!」。自分「あそこじゃ分からんだろう!」と言い合いながらも、何とか見つけて撮れました。上さん、結構目敏いんですよ。「私の眼は千里眼」とか言って自慢してましたよ。




♀は頭に赤がありません。多分、営巣している筈なんですが、巣は見つけられませんでした。
P5285411-1blog880.jpg



縦横が逆の様に見えますが、これで合ってるんですよ。
P5286790-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



09
Category: アカゲラ   Tags: ---

新緑の中で~赤啄木鳥

アカゲラの♂も居ました。冬景色のアカゲラも良いですが、新緑の中のアカゲラも好きですね。




セミを咥えていました。声はしていませんでしたが、もうセミがいるんですね。ハルゼミの仲間の様です。
P5296965-4blog880.jpg



ご興味ある方は、先日アップしたオオアカゲラ♂との違いを見てみて下さいね。頭の赤い部分が違いますよ。
P5296941-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



08
Category: コサメビタキ   Tags: ---

クリクリ眼~小鮫鶲

高原にはコサメビタキも居ました。漢字では小鮫鶲と怖そうな「鮫」の字が使われています。




サメビタキと言う鳥がいて、灰褐色の羽色が鮫皮に似ているからサメビタキと名付けられ、そのサメビタキより小さいからコサメビタキとなったそうです。目がクリクリっとしていて、名前に似合わずとても可愛い鳥です。
P5285715-1blog880.jpg



丁度抱卵中でした。ちょっとお邪魔しますね。毎年この時期に1週間、7年連続で来られていると言う大阪のベテラン・バーダーさんに営巣場所を教えて頂きました。さもなくば、知らずに通り過ごしてましたね。感謝です。
P5286700-1blog880.jpg



違う角度からも。この巣、芸術品ですね。苔むした樹皮を綺麗に配置しています。長居は禁物、無事に雛たちが孵って育つことを祈るばかりです。
P5286680-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



07
Category: キビタキ   Tags: ---

新緑がお似合い~黄鶲





この高原で一番沢山見たり聞いたりしたのがこのキビタキ♂でした。でも、殆どが高い所でなかなか良い所には止まってくれませんでした。新緑が良く似合う鳥ですね。


P5285484-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x



04
Category: ウグイス   Tags: ---

初めて見るダンス~鴬

ウグイスは声はすれど姿が見えぬ代表格ですが、久し振りに確りと姿を見ました。しかも唄を歌うだけでなく、ダンスもしてくれました。どこに居るか分かりますか?分かり難いですよね。




近くの良い所に移って来てくれました。わっ、近すぎる! ここでも歌って踊ってでした。
P5286177-1blog880.jpg



ちょっと葉っぱが邪魔だったので回り込んでみました。でも少し葉っぱ被りで、かえって太い幹が邪魔になりました。
P5286194-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4



03
Category: ノジコ   Tags: ---

お気に入りにランクイン~野路子

今日はノジコ♂です。見たことはありましたが、初撮りです。




アオジに似ていると言われていますが、ノジコは白いアイリングが特徴です。
P5285422-1blog880.jpg



木道を歩いていると、直ぐ近くで囀る声が。なんと真上の枝です。急いで下がって下がって撮りましたが、はみ出しそうな感じでした。
白いアイリングとこの表情。何とも言えず愛くるしいですね。
P5274960-2blog760.jpg



僕のお気に入りの鳥にランクインです。
P5274984-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.8



02
Category: カッコウ   Tags: ---

鳴くまで待っても~郭公

信州に出掛ける前には、我家の近くの森でも10日間程カッコウが鳴いていました。一度探しに出掛けたのですが、声はすれど姿見えずでした。帰って来てからは、カッコウに代わってホトトギスが毎日鳴いています。

ここ信州の森でもカッコウやホトトギスが大きな声で鳴いていました。でも姿は見えず、時折高い上空や暗い森の中を飛ぶ姿を見るばかりでした。今回も撮るのは難しそうと諦めていると、何やらハトくらいの大きさの黒い塊が頭上近くの枝に止まりました。静かに追いかけると、待望のカッコウの仲間です。
先ずは前からの姿です。




目線の近くで、枝から枝へ渡り続けてくれました。カメラマンは自分ともうお一人。あとウォッチャーは今回同行の家内だけ、途中から一組のご夫婦参加。横からの姿です。
P5286268-1blog880.jpg



鳴いてくれれば何ものか判ると高をくくっていましたが、最後まで一声も鳴いてくれませんでした。さて何ものでしょう? 後姿も。
P5286374-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x

胸の横縞が細いのでホトトギスではないですね。ハトより少し大きかったのと、縞の本数も11本以上ありそうなので、ツツドリに非ず、カッコウと見定めたのですが如何でしょうか? 沢山撮れたので、続きを後日に。

ところで、カッコウの声を聞くと長年の疑問が頭をもたげます。鳩時計はなぜ「カッコー」と鳴くんだろう?



01
Category: オオアカゲラ   Tags: ---

新緑の中で~大赤啄木鳥

今日から6月ですね。衣替えならぬブログ・ヘッダー替えしました。オオルリ君2ヶ月間ご苦労様でした。今月はホウアカ君にお願いしました。

さて、新緑の中で鳥たちを撮りたくてやって来ました信州の高原。

先ずは目的の一つオオアカゲラ♂です。




本当は営巣中のオオアカゲラの親から雛への給餌を撮りたかったのですが、到着前日に雛たちは巣立ってしまったとのこと。別の営巣場所を教えて頂きましたが、遠い(50m)のと、雛の巣立ちを促しているのか親は給餌には現れずでした。でも♂とは2回の出逢いがありました。
P5285929-2blog880.jpg



こんなのありでしょうか? 新緑のフィルターを通して。
♀との出会いはありませんでした。
P5274842-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x




5
6
15
16
18
29

top bottom