FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


In 06 2012

25
Category: メボソムシクイ   Tags: ---

ムシクイ類は難しい~メボソムシクイ

メボソムシクイです。ムシクイ類は外見だけでは、判別が難しいですね。鳴き声で判別するようです。
確かに、チョチョリ チョチョリ チョチョリ と鳴いていた感じです。



目立たない小鳥ですが、仕草も結構可愛いですね。
P6026005-2blog880.jpg


何の木でしょうか? 芽吹きつつある赤い枝の木にも止まってくれました。
P6025911-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x

これで北東北シリーズ終了です。見るだけで撮れなかった鳥たち、撮れたけれど絵はとても外に出せない鳥たちも少なからずいました。もう少し腕を磨いて、次のチャンスに期待しましょう。

スポンサーサイト




24
Category: ビンズイ   Tags: ---

ビンビンツイツイ?~ビンズイ

高原のビンズイです。バックの白は残雪です。



ビンズイは名前の由来が気になる鳥の一つですね。漢字では「便追」と書くらしいです。僕には、とてもそうは聞こえないのですが、「ビンビンツイツイ」との聞きなしから来ているとのこと。でも、ビンツイではなくて、漢字も便追なのに、何故ビンズイと濁っちゃったのでしょうか?
P6026034-2blog880.jpg

冬の平地でのビンズイも一枚載せておきます。
P1236543-2blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x


23
Category: ホオジロ   Tags: ---

一筆啓上仕候~ホオジロ

ホオジロ♂です。良い声で囀っていました。「一筆啓上仕候」と言う聞きなしが有名ですが、「源平つつじ白つつじ」の方に分があるように思います。如何でしょうか?
P6015607-1blog880.jpg


綺麗な新緑をバックに撮らせてくれました。
P6015577-2blog880.jpg


因みに、冬のホウジロはこんな感じでした。背景は雪景色でした。(撮影は2月)
P2038842-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x


22
Category: ウグイス   Tags: ---

声はすれど~ウグイス

北東北シリーズ続編です。
春告鳥、ウグイスです。北東北の高原にも漸く春到来ということでしょうか。(6月1日撮影)
この鳥は、いつも声だけで、姿は中々見せてくれません。またこんな所で囀っていました。
P6015673-1blog880.jpg


っと、良い所に来てくれました。
P6015706-2blog880.jpg


初めてまともな写真が撮れました。
P6015712-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x


20
Category: ツミ   Tags: ---

名前の由来は?~ツミ

昨日に続いて、ツミです。
♀です。♂より一回り大きく、虹彩は黄色、身体の縞模様と、♂とは異なる出で立ちです。
P4287571-3blog880.jpg


何でツミという変な名前が付けられたのか気になったので、ネットで調べてみました。WIKIPEDIAでは、スズメタカが変化してツミになったとありましたが、どうも説得力に欠けます。更に調べて行くと、昔は♂♀それぞれが鷹狩りに使われていて、♂♀の特徴が異なることから別々の名前が付けられていた。♀は「豆美」(小さな別嬪さん、ツミ)、♂は「悦哉」(従順で言うことを良く聞く、エッサイ)と呼ばれ、その後♂♀の総称としてツミとなったとあった。成る程、納得である。
写真は♂♀のツーショット。交尾の直後でした。
P4288053-1blog880.jpg


突然、♀が水辺にやって来た。
P4287993-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8


交尾の瞬間はこちらから。アッと言う間でしたが、回数が凄かったですね。クリックすると拡大しますよ。
P4288048-2blog880.jpg

雛の誕生を期待しましたが、この後、巣を放棄してしまったそうです。残念です。


19
Category: ツミ   Tags: ---

雀鷹~ツミ

梅雨に加えて台風がやって来て、どうにもなりませんね。
昨日狙った大きい方は全く駄目だったので、ちょっと小振りですが、4月末に撮ったツミで憂さを晴らしましょう。
先ずは、♂から。ブルーグレイの羽の色、赤褐色の虹彩、黄色いアイリングと中々の出で立ちです。



虹彩に光が当たると、こんな魅惑の瞳です。上の絵で、この目の色が出ると良いのですが・・・。そうは問屋が卸しませんね。
P4288498-1blog880.jpg


こんな愉快なポーズもしてくれました。大サービスでした。
P4288342-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8


もう一つおまけで、こんなポーズも。エンジェル・ポーズと言うのでしょうか? クリックする見れますよ。
P4287908-1blog880.jpg



15
Category: アオバズク   Tags: ---

青葉の頃は~アオバズク

今年も近くの神社にアオバズクがやって来た。と言っても、僕は初めてなんですが・・・。
首が痛くなりそうな、これ以上レンズを上に向けられない高いところに居ました。更には、空いた角度がここの一点だけなんですよね。
他に誰もいないので、先ずは見つけるのが大変、昼間は寝ていてお腹だけ見せている状態なので、目を開けてくれるチャンスを逃さず待つのが結構大変ですね。



青葉の芽吹く頃にやってくるのでアオバズクと名付けられたそうです。羽角がないけど、~ズクの名を持つ一例でしょうか。
♀は抱卵中の様ですので、従ってこれは♂ですね。
P6106984-2blog880.jpg


別の日に行ったんですが、これまた同様に高いところでした。向こう向きでしたが、何か気になった様で、目を開けてこちらを向いてくれました。
P6137894-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x

次の機会はもっと低いところに居て欲しいですね。例のまん丸い目をした姿を撮りたいですね。雛にも会えるでしょうか。地の利を生かして、少し通ってみます。


13
Category: アオバト   Tags: ---

飛ぶ鳥を落とす勢い?~アオバト

今日は続アオバト、飛翔編です。
久し振りに飛びものを狙った。機関銃を撃つように連写を繰り返すのは、本当に楽しい。はずれの連続だが、たまに命中するから止められない。
若干はずれた感もありますが、3ショットをどうぞご覧下さい。



P6117493-2blog880.jpg


いつもアスペクト比4:3を使うのですが、今回は初めて3:2にしてみた。僕にとっては新鮮な感じで、結構気に入った。また使ってみよう。
P6117604-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x

今度は晴れの日にもう一度行こう。梅雨明け後でしょうか。


12
Category: アオバト   Tags: ---

男女席を同じうせず~アオバト

北東北シリーズは暫し小休止し、少し最近の写真を載せます。

梅雨の切れ間?、少し日の出る可能性ありとの天気予報を信じて、早朝小雨降る中を大きい磯まで出掛けた。着くと小雨は止んでいたが、どんよりとした曇り空。良い絵は撮れないだろうなと観念しつつも、磯のアオバトと戯れてきた。雨が降り出したので早々に引き揚げたが、その間、約2時間、5~6回20羽くらいの集団がやって来たでしょうか。地元カメラマンの方によると、晴天の日の方が数も回数も多いそうです。


a girl!



two girls!
P6117309-1blog880.jpg


たまたま♂♀が別にいたところを撮っただけですが・・・。
five boys!
P6117401-1blog880.jpg
E5 + ZD300/f2.8 + 1.4x

明日は飛翔編です。


10
Category: アカショウビン   Tags: ---

キョロロロ~アカショウビン

風景だけでなく、白神の鳥たちも三色でした。黄(キビタキ)、青(オオルリ)と来たので、赤(アカショウビン)で締めたいと思います。でも、この赤は中々の強敵でした。見つけるのも大変、撮るのはもっと大変でした。初めてキョロロロ~と聞いて、見て、撮っては、やり過ぎだろうと先輩にたしなめられました。流石にこの先輩は、良い写真を沢山撮ってましたね。



思い切ってここまでトリミングしてみましたが、880pxでこのサイズでは、結構厳しいですね。背中の中央下部に青い羽毛があるんですね、分かりますか?
写真をクリックすると、アルバムが出て来ます。こちらの方が、締まって見えますので、試してみて下さい。普通は小さい写真をクリックして大きくするんですが、当ブログは逆であります。
P6015186-5blog880.jpg


飛び出しです。ピントは合ってませんが、薄目にして、雰囲気だけでも感じて頂ければ幸いです。また、チャレンジしたい魅惑の鳥でした。
P6015439-3blog880.jpg
E-5 + ZD300/2.8 + 1.4x


09
Category: オオルリ   Tags: ---

blue & white~オオルリ

今回はオオルリとの出会いは少なかった。僅かなチャンスでのお気に入りはこのワン・ショットのみでした。
アップは皆同じ様な絵になるので、こういう引いた絵が結構好きです。都市公園では撮れない絵ですね。



一応、一記事当たり写真三枚を目途にしているので、渡り途中で平地の公園に立ち寄ってくれた写真も載せておきます。
オオルリの英名は blue & white flycatcher だそうです。確かに青と白のバランスの妙が何とも言えません。でも青もnabyとskyblueと二色、更に黒も入っていて、結構な洒落者ですね。
P4246256-1blog880.jpg


お立ち台の絵は外しておきますが、この道の方々なら、どこで撮ったかか直ぐに分かってしまいますよね。
P4246298-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x  (下の2枚はE-5が入院中でしたので、E-3でした。)


08
Category: オオヨシキリ   Tags: ---

はい、口を大きく開けて~オオヨシキリ

オオヨシキリは、本当に賑やかに囀りっぱなしでした。



葦を切り裂いて中の虫を食べる様です。それで、葦切、大きい方が大葦切と名付けられたそうです。小さい方のコヨシキリはまだ見たことがありません。
P5303336-2blog880.jpg


逆光で葦が光り耀いてました。オオヨシキリは後ろ髪を風に逆立てて、いつまでも囀り続けていました。
P5303370-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x


07
Category: キビタキ   Tags: ---

木漏れ日の中で~キビタキ

先ずは、キビタキ♂でスタートします。一番撮影チャンスの多かった鳥ですが、なかなか良い所には留まってくれませんでした。
新緑の中、木漏れ日を浴びて綺麗でした。



♂二羽が並びました。友達関係ではありません、縄張り争いをしているライバルです。オレンジ色の濃いい方がシニア、黄色い方がジュニア。果たしてどちらが勝ったのでしょうか?
P5314068-1blog880.jpg


写真は拙いですが、こういう森の表情は好きですね。
P5314012-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x


06
Category: 風景   Tags: ---

たまには風景~白神三色

白神~八幡平に遠征してきました。勿論目的は野鳥撮影ですが、駆け出しの自分には結構厳しい撮影でした。
そんなことで、先ずは、どんな所か風景写真でスタートします。鳥待ちの間に撮りました。

緑: 野鳥を育むブナの森です。

art filter ~ pop art


青: 十二湖の一つ青池です。何とも言えない青です。こいつはart filter使ってません。
P6014426-1blog880.jpg


赤: ブナの森からの帰り、日本海に沈みつつある夕陽です。右の岩の上にカモメが一羽。
P5314338-2blog880.jpg
art filter ~ dramatic tone
E5 + ZD14-54/f2.8-3.5Ⅱ

八幡平から臨む早朝の岩手山もとても綺麗でした。が、風景を撮る余裕が全くありませんでした。今思うに、あの写真は撮っておくべきでした。残念!
鳥の写真もボチボチとアップしていきます。


04
Category: フクロウ   Tags: ---

巣立ち~フクロウ

彩の国のこの森に通った3回目に巣立った雛2羽に会えた。Nさん情報によれば、この森では4羽の雛が無事巣立ったとのこと。
この子は何番目だろうか?突然、下の方に積まれた小枝に降りて(落ちて?)来た。まだ巣立ったばかりだろうか?



その小枝を少しづつ横に上って、ここまでやって来て、そのあとは後に飛んだというよりも、落ちた。大丈夫かな?
P5160329-1blog880.jpg


こちらは、多分、兄さんか姉さんだろうか。この場所でじっとして動かなかった。
ところで、話題になった甲斐の国のフクロウの雛は、2羽が巣立ったものの、一羽が死んでしまったらしい。多くのカメラマンの中の一部の不心得者がフラッシュをたく、接近する等で雛たちに多くのストレスを与えたことが原因と伝え聞く。結果、地元住民の反感を買い撮影禁止、カメラマン・シャットアウトになってしまったとのこと。大変残念なことだ。
この森の雛たち皆が無事に育つことを祈り、来年もまた来てくれることを願わずにはいられない。
P5160377-1blog880.jpg
E-5 + ZD300/f2.8 + 1.4x



1
2
3
5
11
14
16
17
18
21
26
27
28
29
30

top bottom