FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


"カナダヅル" posts

11
Category: カナダヅル   Tags: ---

クロヅルに大接近~カナダヅル

今日はカナダヅルです。
昨年4月に茨城県土浦に迷い込んできた若鳥を見て以来です。成鳥は額の赤がハート形にクッキリと出ています。羽の色は随分と茶が濃いですね。




別の2羽です。先程の個体とは随分羽の色が違います。土浦で見たのはこちらの羽の色に近かったです。繁殖地で鉄分を含んだ泥を嘴で羽にこすり付けるとのこと。自らを守るために保護色にする為なんでしょうか?兎も角、その土地の鉄分の違いで羽の茶色の度合いも個体差と言うか出身地差と言うかがあるそうです。
P1268456-3blog880.jpg



最初の個体をもう少し近くで撮れました。
カナダヅルは英語では sandhill crane と名付けられているとのこと。なぜ「砂丘」なんだろう? 調べて行くと、北米の有名な生息地が「ネブラスカ砂丘」の端を流れるプラット川で、そこから砂丘ツルと名付けられた様です。最近は「なぜなぜ爺さん」になってますよ。
P1268235-3blog880.jpg



さて愈々大接近です。今季出水に飛来したツルは13千羽強、内カナダヅルは11羽、その内の3羽に遇えました。ところで、昨日のクロヅルは昨日書きましたが、7羽です。この二種類が目の前で大接近しました。凄い確率だと思いませんか? 調べてみたら、例の観察難易度はカナダヅルが6、クロヅルが5。両方を一度に見れる難易度はいくつになるのでしょうかね。兎も角、大ラッキーでした。
P1268132-2blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8

スポンサーサイト





1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom