FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


"シノリガモ" posts

27
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

冬の道東巡り⑪ ~ シノリガモ(晨鴨)

ちょっと遠征して来ましたが、その成果のほどは後日に!
先ずは、冬の道東巡りシリーズをやっつけてしまいましょう。
桜前線はどこまで北上したんでしょうか。北海道まで行っていましょうか。北海道が初夏の陽気だとの便りが届いたと思ったら、一転冬に逆戻り、根室では雪が積もったそうな。
さて、シリーズ11回目は鴨の仲間を一種。道東の漁港巡りをしましたが、カモ類は種類も数もとても少なかったです。そんな中から漸く会えた一種を。

シノリガモ、晨鴨、英語名 Harlequin Duck、体長 43cm、♂。
Harlequin とは道化師のこと。浮きに乗っかったシノリガモは、さながら「道化師の玉乗り」というところでしょうか。この道化師君、何回か滑って玉から落ちていましたよ。





P3032991-2blog880.jpg




漸く浮きから下りて泳ぎ始めました。
P3033125-2blog880.jpg




P3033209-1blog880.jpg
OMD E-M1X + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


スポンサーサイト



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


06
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

岩陰から ~ シノリガモ(晨鴨)

今日もシノリガモの続きです。
岩礁に乗ったシノリガモを探していると、遠くにそれらしきものを発見。でも道路からは岩に隠れて殆ど見えません。潮が引いているので、下に下りてみます。岩を一つ上ると見えました見えました。気が付かれない様に低く屈んで、もう一つ岩を越えて、更に低く構えて岩の間から撮らせてもらいました。皆さん、危ないことは止めましょうね!

シノリガモ、英語名 Harlequin Duck、体長 43 cm。Harlequin とは道化師のことで、♂の羽模様に由来しているんですね。





P1300028-1blog880.jpg




P1300211-1blog880.jpg




P1300310-1blog880.jpg




P1300401-1blog880.jpg




P1300569-2blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

岩礁で一休み ~ シノリガモ(晨鴨)

今日もシノリガモの続きです。
シノリガモたちは腹一杯食べたのか、潮が引いてくると岩礁で一休みを始めました。波が穏やかなせいか、陸から遠い岩礁に、しかも海側に向いて休んでいるのでしょうか。陸側からはなかなか見つかりません。それでも、何組かこちらから見えるところにいました。遠いけれど、それまた良し!

シノリガモ、Harlequin Duck、43 cm。和名の「晨」は辞書を引いても「しのり」と言う読みは載っていません。どうして「しのり」と名付けたのか、どうして「晨」の字をあてたのか、いろんな説があるようですが、どれもピンと来ません。「晨」の意味は「夜明け」とあり、朝焼け色の美しい鴨と言うことだけは納得です。

カップルです。♀も右下に目立たずにいます。
P1302823-1blog880.jpg




♂が3羽。
P1302635-1blog880.jpg




この1羽が居残り。でも、この後海に入って追いかけて行きました。
P1302692-1blog880.jpg




こちらもカップル。♀は岩に保護色で埋もれています。
P1303393f32blog880.jpg




ほら、「セーフ」をしているのが♀ですよ。
P1303235f32ablog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


04
Category: シノリガモ   Tags: Duck  

海上遠景 ~ シノリガモ(晨鴨)

今回のプチ遠征の最大の目的はこのシノリガモでした。シノリガモの♂はとても綺麗なのですが、「色が出ない、目が出ない」のでカメラマン泣かせの被写体です。この日は曇り空、それに意外にも風がなく、波も静かでした。それが良かったのか悪かったのか?

シノリガモ、英語名 Harlequin Duck、体長 43 cm。
沢山撮ったので2~3回に分けてアップします。先ずは海上での採餌風景を。曇り空だったので色が出るか心配でしたが、何とか色はそこそこに出ました。でも、随分遠かったですね。それに、海の色が・・・ですね。

♂が3羽。





左側の子の様に、海面に顔を付けて餌を探してから潜っていました。探し物は貝類?甲殻類?それとも海藻類でしょうか?何でも食べるみたいですよ。
P1302647f32blog880.jpg




こちらは先頭に♀が2羽います。
P1302456f32blog880.jpg




こちらも♀が先頭で引っ張ています。
P1302278f32blog880.jpg




全体数としては♂の方がかなり多かったですね。もう少し近くで撮りたかったですが、また次のチャンスがあるでしょう。
P1302273f32blog880.jpg
OMD E-M1 Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


15
Category: シノリガモ   Tags: ---

青墨流しの中で~シノリガモ





道南シリーズの2回目はシノリガモです。大好きな海鳥の一つです。でも、色が出ない、目が出ないと綺麗に撮れた例がありません。この日も午後を少し廻っていたし、色も目も出ないだろうなと思いつつシャッターを押しました。
シノリガモのシノリは漢字で晨と書くそうで、朝焼けの意味だそうです。♂の羽の色がそんな色になるので、付けられた名前の様です。♂たちの頭と横腹上部にそんな色がちょっぴりと覗いています。
でも、海面や湖面は摩可不思議です。時折、予期せぬと言うか、想定外の色に変化します。今回も青いインクを流した様な、青い墨流しの様な模様が現れました。そんな中に居るシノリガモの小さな群れです。

一番右端が♀です。恋の季節のプロローグでしょうか?一羽の♀に、複数の♂が付いています。でも、もう既に一羽の♂が脱落した様です。
P1105680-1blog880.jpg



段々と遠ざかって行きます。今度は元気な大家族の群れで戻って来て欲しいものです。
P1105704-1blog880.jpg
E-5 + ZD300mm/f2.8 + 1.4x




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom