FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。


"ノグチゲラ" posts

22
Category: ノグチゲラ   Tags: ---

野口さんは誰?~野口啄木鳥


E-5 + 150mm/f2.0 + 1.4x


沖縄シリーズ3回目。やんばる三点セットの二つ目、ノグチゲラです。♂です。沖縄の県鳥だそうだ。
良い画がないので、野口さんは誰だろう?で一くさり。
鳥に人名が付いているのは、イイジマムシクイの飯島さんとノグチゲラの野口さんくらいでしょうか。飯島魁(いさお)さんは動物学者で日本鳥学会の初代会頭で氏素性がはっきりしています。
ノグチゲラの野口さんはどうでしょうか? 開国後、英国商人(商会の駐在員でしょうか)ヘンリー・プライヤー氏が日本にやって来ます。この英国人は、商売ばかりでなく、未知・未開の日本の動物、野鳥や蝶に興味が深く、本国に採集した標本を送っていたらしい。彼の通訳をしていたのが野口源之助、或いはノグチゲラの標本採集をしたのが野口何某、それでプライヤー氏はこの啄木鳥にノグチの名を付ける様に頼んだというのが定説になっているらしい。ところが、プライヤー氏の内縁の妻(現地妻)が野口姓でその名を付けたと言う説もある様だ。今になっては事実関係は分からないが、推理するのは面白そうだ。
僕の勝手な推理は、日本に居た証として自分の愛する内妻の名を何かに残したい、珍しい鳥の名前に女の名前は付けられない、ましてや内妻の名前を付けたとは口が裂けても言えない、彼女の姓はたまたま通訳 and/or 採集人と同じ野口だ、そうだ野口の名を冠しよう。
写真が撮れない時は、他の遊びをするのも楽しいものだ。

やんばる三点セットの最後の一つ、ホントウアカヒゲは声を聞き、林道を横切って飛ぶ気配を感じただけで、姿を確認するには、ましてや撮影には至りませんでした。いつか判らぬ次の機会を待つことにしましょう。そんな訳で、後はおまけばかりです。悪しからず。


スポンサーサイト





1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom