FC2ブログ

TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。



06
Category: ミコアイサ   Tags: Smew  

いつも難敵 ~ ミコアイサ(神子秋沙)

赤、黄、緑と続いたので今日は「白」です。白と言っても黒い斑点があり、パンダ鴨と呼ばれたりしている鳥です。巫女の白装束に似た姿から、ミコアイサと名付けられています。当ブログも初詣代わりに、神子秋沙でお付き合いください。
白と黒で目立つからでしょうか、とてもとても警戒心が強くなかなか近づけない鳥でもあります。更には目の周りが黒くて目が出難いので、撮るにはいつも苦労する鳥でもあります。
さて、ここでは橋の上から、釣り人20人くらいの中でカメラマンただ一人。釣り人の狙いはワカサギ、鴨たちも集まる筈ですね。
距離も遠いし、見下ろしだし、良い画は撮りようがありません。ちょっと波の模様が面白いのを少々!

ミコアイサ、神子秋沙、英語名 Smew、体長 42cm、♂。





PC234035-1blog880.jpg




PC233972-1blog880.jpg
OMD E-M1X + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 2.0x


スポンサーサイト



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


05
Category: タゲリ   Tags: Lapwing  

遠見でも ~ タゲリ(田鳧)

先日の出会いから、再びタゲリです。
別の場所でもタゲリたちを発見。3羽いました。どうも既に群れが分かれて小さくなっている様です。この場所は交通量の多い通りの脇なので、車を降りて徒歩で距離を詰めていきます。

タゲリ、田鳧、Northern Lapwing、32cm。
ちょと半逆光気味で光が良くありません。




なので、順光側に回り込みます。電信柱に隠れてパシャッ!
PC275657-1blog880.jpg



この子は、頭頂部や胸が黒く、冠羽も長く立派なので♂の様です。
PC275784-1blog880.jpg



別の個体。草の陰に隠れてじっとしているので、飛ばれるのを覚悟して腰を落として近付いてみました。
PC275839-1blog880.jpg



飛ばれませんでした。この子は、頭頂部や頸から胸に茶色味が強いので♀だと思われます。
PC275925-1blog880.jpg
OMD E-M1X + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x or 2.0x

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


03
Category: タゲリ   Tags: Lapwing  

メタリック・グリーン ~ タゲリ(田鳧)

昨年暮れ好天の日に田圃回りをしてきました。狙いは冬の貴婦人とか田圃の貴婦人とか冬の使者とか言われている、美しいメタリック・グリーンの鳥、タゲリです。なかなか見つけられませんでしたが、広い田圃をあちこち回って漸く一羽を発見! 警戒心の強い鳥なので、車上から狙います。曇りの日や、好天でもちょっと逆光気味になると、メタリック・グリーンに輝きませんが、良い光に恵まれました。やっぱり毎シーズン出会いたい鳥の一種ですね。

タゲリ、田鳧、英語名 Northern Lapwing、体長 32cm。





PC274902f32blog880.jpg




PC274944f32blog880.jpg




PC274948f32blog880.jpg




PC274988f32blog880.jpg
OMD E-M1X + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 2.0x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


01
Category: Greetings   Tags: Rosefinch  ;  Greetings  

謹賀新年


P1162769f32年賀2020blog880


明けましておめでとうございます。
良き出会いそして新たな出会いを求めて今年も右往左往、東奔西走してしまいそうです。
本年も当ブログに時折お立ち寄り頂ければ幸いです。


P1162661f32hanten-年賀2020英語blog880


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


30
Category: ジョウビタキ   Tags: Redstart  

良いお年を! ~ ジョウビタキ(尉鶲)

今年も残り僅か、あと二回寝るとお正月ですね。もっとも時々昼寝をするので実際の回数はもっとでしょうか。
気儘かつ拙い当ブログにお付き合い頂いた皆さま、一年間ありがとうございました。そして来年もよろしくお願いいたします。

先日読んだ何かの記事では、米国コーネル大学の鳥類学研究所(この大学は確かいくつかの野鳥図鑑も発行している)によると、この50年間で北米の空から約30億羽の野鳥が減少したそうで、比率で言うと29%に当たるとのこと。その内90%がフィンチ、ムシクイ、ツバメなどのスズメ族で、原因は農地の増大や都市化によるすみかの減少、飼い猫の増加、家屋やビルのガラス衝突、農薬の使用、温暖化による環境変化が原因とみられるとのこと。一方、鴨や白鳥なのど水鳥、白頭鷲などの猛禽類はすみかの保全活動、農薬の禁止で数が回復中と言う。
日本で見られる野鳥は冬鳥は主にシベリア、中国、朝鮮から、夏鳥は主に東南アジアからやって来るが、野鳥たちにとって年々住みにくい世の中になっていることは間違いなさそうだ。事実、年々野鳥たちが減って来ていると実感しているが、皆さんはどう感じておられるだろうか。
そんな状況ではありますが、来年もまた良き出会いがあることを祈りつつ今年の当ブログを締めたいと思います。
皆様、良き年をお迎えください。

さて、昨日までは赤い鳥が続きましたが、今年最後の主役は黄色い鳥です。♂を撮るのは久し振りでした。
ジョウビタキ、尉鶲、英語名 Daurian Redstart、体長 14cm、♂。
PC276559f32blog880.jpg




PC276257f32blog880.jpg




PC276415f32blog880.jpg




PC276783-1blog880.jpg




PC276780-1blog880.jpg
OMD E-M1X + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 2.0x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



2
4
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom