TORU'S BIRDIE PHOTOLOG

ゴルフ三昧転じて野鳥撮影三昧に移行中です。 PAR狙いから目指せBIRDIE(小鳥)に格上げです。 このブログを通じ、小鳥たちとの一期一会の楽しさを皆さんと共有できれば幸いです。



--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


14
Category: ハヤブサ   Tags: Falcon  

緑美し、されど遠し ~ ハヤブサ(隼)






最後に長野まで戻って来て、ハヤブサのポイントを訪れる。ここは美しい緑を背景に撮れるチャンスがあるのですが、それ以上に遠すぎますね。もう雛が孵っているそうですが、この日は見えませんでした。この後、某有名別荘地まで戻って、この日の走行距離は凡そ800Kmでした。その内自分が運転したのは100Km程度でしたが・・・。翌日が雨予報だったので、自分は鳥友たちと分かれてゆっくりと帰宅の途に就きました。
ハヤブサ、隼、Pregrine Falcon、♂42cm、♀49cm。この子は♂♀どちらでしょうか?



P5063041-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


スポンサーサイト

テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


13
Category: サンコウチョウ   Tags: Flycatcher  

ほんの一瞬の出会い ~ サンコウチョウ(三光鳥)

さて、コルリも近くで撮れたしと満足しつつ仮眠を取った上で、鳥友たちと共に愈々舳倉島への船の出る輪島港に向けて深夜に出発です。到着した翌朝は好天で、出航してくれそうな期待が膨らみますが、一日一便の出航の可否が告知される7時半まで首を長くして待ちます。
まさかです。7時半に船の職員がペケの合図をして入って来ました。理由についての口頭説明は一切ありません。掲げられた「欠航」の看板には風強く波高いためとしたためられています。「天気晴朗なれど波高し、風強し」と言うことでしょう。何と欠航はこの日で4日連続とのこと。既に島に渡った人たちは四日間も帰れないということでもあります。翌日の天気予報は雨、翌々日も風が強いとの予報なので、はるばる来たぜ輪島ですが、皆で合議の上、残念無念諦めることにしました。初めての舳倉島は僕だけ、他の皆は欠航は今回が初めてとのこと。トホホですが仕方ありません。一気に帰るのも芸がないので、途中何か所かポイントを巡ります。
最初に訪れた干拓地では目ぼしい成果なく、次に有名な県民の森を訪れます。複数の地元の方たちが待っておられるので、伺うとサンコウチョウを待っているとのこと。暫し一緒に待たせて貰うことにすると、直ぐにサンコウチョウの鳴き声が聞こえてきました。ほんの一瞬でしたが、ワンカットだけ撮らせてくれました。ここでは繁殖の記録はなく、立ち寄りだけとのことでした。
前置きが長くなりましたが、そんな訳で今日は一枚のみ。

サンコウチョウ、三光鳥、英語名 Black Paradise Flycatcher、♂、体長 45cm。

OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


10
Category: コルリ   Tags: Robin  

サービス満点 ~ コルリ(小瑠璃)

なかなか近くで撮れるチャンスがないコルリですが、この日はサービス満点でした。本当に何とも言えず美しいブルーです。コルリ・ブルーとでも言いましょうか・・・。

コルリ、小瑠璃、英語名 Siberian Blue Robin、♂、体長 14cm。





P5041582f32blog880.jpg




P5041473-1blog880.jpg




P5041745f32blog880.jpg




P5041755f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


09
Category: フクロウ   Tags: Owl  

ママは近くで見守り ~ フクロウ(梟)

雛の近くにはママが少し離れた所で見守っています。パパはもっと離れて見えない所で、たまに鳴き声での参加のみ。

フクロウ、梟、Ural Owl、50cm。
カラマツ林の枝に止まっていますが、枝や葉っぱが込み入っていて、僅かな間隙を通してピンポイントで狙います。





P5040279-1blog880.jpg




P5040370-1blog880.jpg




こちらは翌朝。全身が見えていますが、背中を見せた向こう向きで、難しい光です。殆ど寝ていますが、時折こちらを向いて目を開けます。頸は良く回りますね。左右方向に合わせて360度以上でしょうか。
P5052107-1blog880.jpg




P5052152-1blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x



テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真


08
Category: フクロウ   Tags: Owl  

今年は一人っ子 ~ フクロウ(梟)

日本海の離島、舳倉島への遠征の途上に某有名別荘地に立ち寄ります。
幸運にも可愛いフクロウの雛に出会うことができました。今年の巣立ちは例年より2週間ほど早いそうで、そしてちょっと残念ですが、今年は一人っ子の様です。一羽だけれども、とても表情豊かで癒されました。翌朝には全身が見えない場所に移動していましたので、この日が最後の撮影機会だった様です。ラッキー!
ご覧の通り、枝の込み入った場所でしたが、抜けたアングルと背景に僅かばかりの緑を探して右往左往。

フクロウ、梟、英語名 Ural Owl、成鳥の体長 50cm。





P5040744f32blog880.jpg




P5041030f32blog880.jpg




P5040570f32blog880.jpg




P5040090f32blog880.jpg
OMD E-M1Ⅱ + mZD300mm/f4.0 IS PRO + 1.4x


テーマ 野鳥の写真    ジャンル 写真



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。